“おしゃれ華コンサバ”を叶える、ピンクチークの選び方・使い方をイガリシノブさんが提案!

メイクアップ
いいね! 0件

「MAQUIA」11月号では、ピンクチークの重ねづけで華やぎを底上げするメイクテクニックをイガリシノブさんに伺いました。Image title

このアイテムがあなたを変える
イガリシノブ流
おしゃれ華コンサバルール

おしゃれ感もあり、華やかさもある、大人気のイガリさんメイク。今回はイガリ流のコンサバメイクのルールを、おすすめアイテムとともに提案してもらいました。

Image title

おしゃれ華コンサバに必要なのは、旬色投入・黒&くすみ封印!

「普段使いする色に+1カラー、+1テクスチャーなど、まずはトレンドや華やかさを意識したアイテム選びを。また、囲んだり、重ねたり、ひと手間加えてメイクをすれば、抜け感のあるコンサバメイクが誰でも可能に。できるだけ黒を使わず、色&質感をくすませないことも重要」(イガリさん。以下同)


イガリ流 おしゃれ華コンサバルール
白っぽピンクチークは濃淡2色で立体感、光沢で軽さを意識する

「ハイライト効果のある2色をレイヤードし、頬の高い位置が際立つよう意識したピンクチーク。パール感のある透けるタイプなら、チークの下から肌本来のツヤも見えて、オフィスにも映える華やか顔に一変」

Image title

”ピンクの広狭の重ねづけで華やぐ表情を底上げ!” byイガリシノブ

Image title

肌内側から滲むような血色と光沢感を表現

クリアで、品のある印象を演出。肌に密着するので粉浮きせず、しっとり。エスプリーク グロウチーク PK-2¥2300(編集部調べ)/コーセー

Image title

How to...

大きめのブラシで2色を混ぜとり、くるくると大きな円を描くよう頬全体に広めに。


次に濃い色を小さいブラシにとり、頬の高い位置に床と平行になるよう横長に重ねて。


MAQUIA11月号

撮影/三瓶康友(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/イガリシノブ〈BEAUTRIUM〉 スタイリスト/松島 茜〈io〉 モデル/泉 里香 取材・文/浦安真利子 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA11月号☆好評発売中】


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN