【河北裕介流・メイクで印象操作テク】ギャップを感じさせる、夜の色気をひとさじ

メイクアップ
いいね! 0件

昼のメイクに少しプラスするだけで印象に変化が。「MAQUIA」1月号では、夜のシーンで存在感を発揮するメイクテクを、河北裕介さんが披露。

Image title

メイクとは、相手への心配り
河北裕介Presents
朝·昼·夜 女は3つの顔を持つ

「1日を1つのメイクで過ごす日もあってもいい。でも、相手に合わせて“持つべき顔”を用意できる女性こそが、スマートかつ魅力的」と河北さんは考える。今回は時間軸で対人関係を設定しながら特別に仮想ポーチを作成。1日中人を惹きつけてやまないメイクテクがここに。


“朝とも昼とも違う、
夜の色気を使い分けてる人は
上級者だなって思う”

by YUSUKE KAWAKITA


夜 night/20:00

輝きとダークみを添えて
神秘的なムードを放つ

「夜出会うときには、やっぱりわかりやすいギャップがあると『おっ!』て思うよね。日中を知っているなら尚更のことかな。女性側としてもきっと、違うスイッチを押してくれるきっかけになるはずだよ! しかもこのメイクも昼の延長でできちゃうのがポイントで、オフすることなくプラスするだけっていいの。たったちょっとのことでも、かなり印象が違うでしょ!? 朝と昼と夜の色気を使い分けると、もっとその人のこと知りたくなっちゃうのが男の性ってもんです(笑)」。

Image title

【河北裕介流・妄想コスメリスト】使用アイテムの詳細はこちらの記事をチェック!

eye

ブルーニュアンスをひとさし
「目元は本当に簡単! 昼のメイクの上に、ブルーのアイシャドウ(L)を指で二重幅に重ねるだけでおしまい。シアーでつややかな質感だから、濁ることなくヴェールになってくれるわけ。これがパープルだとなじみすぎるから、ブルーのレイヤードがオススメ」

cheek&lip

フレッシュな頬とダークな唇に
「まずは、肌トーンのお粉(H)をサッとひとはけして整えてから。その上で赤みのチーク(F)を頬に足して、上からハイライト(G)を重ねてハリと明るさを出してお疲れ顔も一掃して! リップは昼のを土台に、ダークパープル(O)をブラシで重ねれば完成!」


MAQUIA1月号

撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉(モデル) 齋藤晴香(物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/木津明子 モデル/藤野有理 構成・文/森山和子 企画/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA1月号☆好評発売中】

Image title

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN