吉岡里帆が「ピンク囲みシャドウ」で愛されウサギ目メイク! あどけない色気で全方位モテ

メイクアップ
いいね! 2件

クリーンなのに、どこか小悪魔的。「MAQUIA」11月号から、吉岡里帆がまとう秋色アイのhow toと使用アイテムをご紹介。

Image title

この2パーツから季節が深まる
吉岡里帆がまとう、秋色アイ&リップ

秋が深まる中、真っ先にメイクを変えたいのが目元と唇。今注目の美女がまとう旬アイテムの秋顔を参考にすれば、今までと違う新しい自分に出会えそう!

吉岡里帆
●1993年1月15日生まれ。2016年NHK連続テレビ小説『あさが来た』で注目を集め、7月期のドラマ『ごめん、愛してる』でヒロインデビュー。今最も旬な女優のひとり。

Image title

Eye/あどけない色気のピンク囲みシャドウ

クリーンなのに、どこか小悪魔的。同性からも愛される清潔感ある色気。彼女自身の魅力を、パーリィなピンクで囲んだウサギのような眼差しで表現しました。肌はナチュラルに仕上げ、頬と唇にはほのかな血色をのせて。(千吉良恵子さん)

Image titleMake-up point

1cをアイホールに入れ、上まぶたのキワと下まぶたの目尻1/5にbを。さらにdを上まぶたの目尻からアイホールに入れ、キワのbをぼかす。cを下まぶたの目尻側に重ね、最後にaで目の上下を囲む。


1 モーヴ系の4色。¥2800(編集部調べ)/資生堂

how to...

CHEEK 2を指先に取り、黒目の真下と小鼻の真横を結んだ地点にオン。そこから涙袋に向かって少しずつ上方向になじませる。

LIP もともとの唇の形を生かし、3を直塗りで全体に。


2 メルティな赤で自然な血色感をプラス。マジョリカ マジョルカ メルティージェム RD410 ¥850

3 乾燥を防いでツヤ唇をキープ。つけたての発色が1日中持続する。インテグレート ジューシーバームグロス PK792(限定色) ¥1000(編集部調べ)/資生堂


MAQUIA11月号


撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/千吉良恵子 〈cheek one〉 スタイリスト/後藤仁子 モデル/吉岡里帆 取材・文/前野さちこ 構成/木下理恵(MAQUIA)


【MAQUIA11月号☆好評発売中】


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN