こなれ感と色気をまとう、ふんわりぼかしたネイビーEYE×マシュマロピンクLIP

メイクアップ
いいね! 73件

匂い立つような色気をまとって。岡野瑞恵さんが提案する秋顔メイクを「MAQUIA」10月号から大公開。

Image title

曖昧にぼかしたような発色で匂い立つような色気をまとって


岡野瑞恵さんが考える秋顔
知的さを多様化して洗練された女性に

カジュアルだったり、色っぽかったりとこの秋も女性像は多様化しているけれど、基本的にベースに知的さがあることが重要。ポイントは、骨格を掘り起こしたり、インラインを仕込んだりと、さりげなく素材を引き立てること。これを施すことで、どんなメイクやファッションでも、上質さが増して、洗練度を高めてくれます。


グレイッシュネイビーEYE× ほろ甘マシュマロピンクLIP

シックな雰囲気のシルバーグレー。クレ・ド・ポー ボーテ オンブルプードルソロ 212 ¥3800/資生堂インターナショナル


グレイッシュネイビーEYE× ほろ甘マシュマロピンクLIP

メタリックなシルバーシャドウ。デュアルインテンシティーアイシャドー 1949 ¥3200(限定色)/NARS JAPAN(9/15発売)

グレイッシュネイビーEYE × ほろ甘マシュマロピンクLIP

顔色を明るく見せるピーチ色。マットな質感だから甘くなりすぎない。パワーマットリップピグメント 2767 ¥3300/NARS JAPAN(9/15発売)


EYE 二重幅にAをのせ、指でアイホールまでふんわりとぼかす。下まぶたの目尻1/3にBをのせ、薄く中央までグラデーション。目のキワに黒のリキッドラインを引き、まつ毛は黒マスカラを上下に。

LIP 中央にCをのせ、唇上下を合わせてなじませてから、指でぼかし広げる。

CHEEK コーラル系のチークを頬全体にふんわりとのせる。


Okano's voice

今季のコレクションでも注目された、70'sのパリやNYのナイトシーンをイメージ。目元も口元もしっかり色づけるのではなく、指でラフにぼかしたような発色で、こなれた雰囲気に。あえて唇は赤ではなく、マットなピンクで柔らかく。


MAQUIA10月号


撮影/ 菊地泰久〈vale.〉(モデル) 恩田はるみ(物) ヘア&メイク/岡野瑞恵〈storm〉 スタイリスト/後藤仁子 モデル/小嶋陽菜(マキアモデル) 取材・文/ 野崎千衣子 谷口絵美 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN