艶めくピンク唇×赤みを帯びた目元=究極の“モテメイク”! 河北裕介流・甘辛バランスの極意

メイクアップ

「MAQUIA」3月号では、河北裕介さんが大人のためのピンクメイクをレッスン。強めのリップは、ノーアイライン&ノーチークで引き算するのがポイント。

Image title

Q 河北さん、大人のピンクを
素敵に魅せるには?

A 甘いピンクを辛口のスパイス
に変えていくのが正解!

「最初に言ってしまうけど、正直なところ、僕はピンクが苦手。だって、ピンクを使うと、一気にコンサバや甘ったるい方向に転びがちだから。この春見かけるバリエに富んだピンクは心くすぐられると思うけれど、素敵に魅せたいなら計算しつつ使ってほしい。パンチの効いたピンクにトライしたいなら顔の中で占める分量はなるべく少なくすべきだし、ピンク主役のメイクなら他のパーツは抜け感を出したり、補色のブルーで引き締めたり、必ず甘さの引き算をすべき。そうすれば、甘口のピンクが一転、辛口のスパイスとなり、ぐっと洒落るはず」

by  YUSUKE KAWAKITA


河北PINKメイク、
配色セオリー

theory1

濃いピンクは
1点盛りがお約束

濃い発色&彩度の高いピンクは、目や唇の一点にピッと効かせて。顔の中に占める分量はなるべく少なめに。

theory2

補色ブルー投入で
辛口に調整せよ

黒でキワを締めると古臭くなりやすい。ピンクって実は青みが含まれている色だから、ブルーで締めると洒落る。

theory3

甘くならないよう、
抜け感がマスト!

ピンクは甘ったるくなりやすいから、ノービューラーやノーライン、ノーチークなどで抜けを作るのが大切。


VIVID PINK
“鮮やかピンクの唇は、
目元に透けるような血色を”

「フレッシュに艶めくピンク唇×ほんのり赤みを帯びた目元は、あざとさを1ミリも感じさせない、包容力が高い究極の“モテメイク”。こちらも顔の中に赤みの割合が多い分、ノーアイライン&ノーチークで抜けを作り、甘辛バランス調整を。さらに、トップスに補色のブルーを持ってくれば完璧。」

1/2

2/2

フレッシュな
果実のような唇に

弾けるようなツヤと輝きを長時間キープ。持ちはいいのに潤いもリッチ。ヴォリュプテ ウォーターカラーバーム 8 ¥4000/イヴ・サンローラン・ボーテ(2/2発売)

カシス色に染まる濡れツヤカラーをアイホールに。アイグロウ ジェム PK883 ¥2700/コスメデコルテ(2/16発売) 

Image title

チークの代わりに、肌に透明感を与えるハイライトをひとはけ。クレ・ド・ポー ボーテ レオスールデクラ 17 ¥8000/資生堂インターナショナル


MAQUIA3月号

撮影/中村和孝〈まきうらオフィス〉(モデル) 山口恵史(物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/木津明子(モデル) モデル/藤野有理 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 企画・構成/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA3月号☆好評発売中】

Image title

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN