人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

ダウンライトの光に映えるメイクをレッスン! ソフトマット肌で涼しげな印象をキープ

メイクアップ

レストランやバーでのロマンティックな時間もキレイでいるには? 「MAQUIA」6月号では、ヘア&メイクアップアーティストの林 由香里さんが、ダウンライトの光に映えるメイクをレクチャー。

Image title


シンプル顔&ドラマティック顔
自然光/蛍光灯/ダウンライト
3つの光を味方につける、
 メイクの成功ルール 

初夏の強い日差し、オフィスの蛍光灯、ロマンティックな間接照明……どんな場面でもパーフェクトなキレイを手に入れるために。光に映えるメイクをレッスン。


HAIR & MAKE-UP ARTIST 

林 由香里さん
繊細なメイクテクと効かせどころを押さえたメイク理論、そして抜群のセンスを持ち、各誌で引っ張りだこ。瞬時に、今どきの洒落顔に仕上げてくれると評判。


“その日過ごす光を計算しながら、肌作りも
メイクも工夫するのがキレイの秘訣です“

同じメイクをしていても、実は顔を照らす光によって肌もメイクの印象も全然違ってきてしまうって、知っていましたか? みなさんも、朝、部屋でメイクした時はいい感じだったのに、オフィスで鏡を覗いたら顔色が悪くてビックリした、なんて経験があるはず。
特に、日差しが強くなるこれからの時期は、室内と室外では光がまったく異なるので、その日過ごす光のシーンを計算して肌もメイクも作っていくのがオススメです。顔タイプによるメイクのさじ加減も、ぜひ参考に。いつでもどこでも、キレイが叶うはずです。



シンプル顔ドラマティック顔共通 肌の成功ルール

Image title

3.ダウンライトの光には…

共通成功ルール

重くなりすぎないソフトマット肌

「ダウンライトは、顔に光が当たるときとそうでないときとで肌の質感に大きな差が出るのが特徴。肌はツヤ控えめのファンデーションでフラットめに作ると、影になったときにも暗すぎず、逆に上からスポットライト的に光が当たっても、涼しげな印象。テカリを抑える部分用下地も投入し、厚塗り老け肌を回避するのもコツ」


1/2

2/2

A テカリ・毛穴と無縁の肌に導く下地

瞬時になめらか肌に。化粧持ちもアップ。トップシークレット モイスチャーエクラ ポア マット ¥6000/イヴ・サンローラン・ボーテ(5/10発売)

軽やかなマットリキッドファンデ

さらりと品のある肌に。ディオールスキン フォーエヴァー フルイド マット SPF35・PA+++ 全8色 各¥6000/パルファン・クリスチャン・ディオール

HOW TO

.手持ちの下地を全顔に。AをTゾーン、目頭下、小鼻横にオン。

2.Bは顔の中心~外に向かって、指の腹で少量ずつ塗り広げる。

.仕上げにスポンジで顔全体をパッティングして、密着させる。


MAQUIA6月号

撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(モデル)  Kevin Chan(物) ヘア&メイク/林 由香里 〈ROI〉 スタイリスト/辻村真理(モデル)  モデル/スミス 楓 取材・文/中島 彩 (MAQUIA) 企画・構成/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA6月号☆好評発売中】

メイクの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN