“ドラマティック顔”さんに似合う、夏の日差しに映えるフォギー肌のつくり方

メイクアップ
いいね! 1件

「MAQUIA」7月号では、人気ヘア&メイクアップアーティスト千吉良恵子さんが夏の日差しに似合うメイクを、顔立ち×パーツ別にレクチャー。

Image title

強い日差しの下でこそ映える
シンプル顔
ドラマティック顔
パーツ別
夏メイクのさじ加減

顔タイプでメイク映えのアプローチは違うもの。夏の日差しに似合うメイクを、ふたつの顔立ち×パーツ別にレクチャーします。


教えてくれたのは...
ヘア&メイクアップアーティスト
千吉良恵子さん

Image title

肌はセミマットで透け感と端正さを両立

乱れやテカリを感じさせない、
さらさらクールなフォギー肌

パーツが印象的で立体感が持ち味のドラマティック顔。「強い日差しでもギラつかない、夏肌に近づけるためにピンク下地を投入し、肌の1枚下からの透明感を演出。その上に重ねるのは“セミマット”なパウダリー。華美すぎず、サラッと清楚な仕上がりがお似合い!」


Image title


両頬、額、鼻先、あごの5点に1をのせ、放射線状に広げる。2のファンデーションを付属のスポンジにとり、すべらせるように広い面からなじませる。

1 透明感ある理想の肌トーンへ。アンジェリックコンプレクションプライマー01 SPF22・PA+++ ¥4200/THREE 

2 パウダリーを超越した密着感。アンクル ド ポー コンパクト B30SPF23・PA++ ¥7200/イヴ・サンローラン・ボーテ


MAQUIA7月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/西野メンコ モデル/絵美里 取材・文/靏田由香 構成/若菜遊(MAQUIA)


【MAQUIA7月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN