この秋はモードのニュアンスをひとさじ!ラベンダーEYE×ベージュピンクLIPがおすすめ

メイクアップ
いいね! 2件

今シーズン注目のミルキーカラーや、黒を含んだ深みのある色を使った旬度の高い秋メイクを「MAQUIA」10月号からお届け。

Image title

千吉良恵子さんが考える秋顔
ほんの少し、モードのスパイスを

秋冬は洋服の色や素材も重めになってメイクも少しこっくりさせたくなるもの。今シーズン注目すべきは、ミルキーな発色のベージュや、黒を含んだ深みのあるボルドーやネイビー。モードのニュアンスを少し加えるだけで、旬度の高い今ドキ顔に仕上がります。

Image title

淡色トーンの集合体で魅せるとびきりピュアな透明感


アイシーラベンダーEYE × なじみベージュピンクLIP

涼しげなラベンダートーンと、やわらかなブラウンのバランスが絶妙。ルナソル シャインフォールアイズ 03¥5000/カネボウ化粧品 

アイシーラベンダーEYE × なじみベージュピンクLIP

体温を感じるような温かみのあるベージュカラー。リップブロッサム 43 ¥2800/ジルスチュアート ビューティ

EYE 眉下からアイホールにかけてA-1を広げたら、アイホールにA-2を重ねてラベンダーのグラデーションを。締め色のA-3はライナー代わりに細く引いて。下まぶたにはA-1のハイライトカラーでうぶな涙袋をアピール。

LIP 肌になじむ大人めベージュをセレクト。

CHEEK リップのトーンに合わせたコーラル系ベージュがベストマッチ。


Chigira's voice
秋でも清楚な印象に仕上げたいなら、アイシーなラベンダーで目元のくすみを払拭し、透明感をまとって。淡い目元に合わせてピンクリップを選びがちだけど、肌なじみのいいベージュを選ぶと秋らしいしっとりさが生まれます。


MAQUIA10月号
撮影/ 菊地泰久〈vale.〉(モデル) 恩田はるみ(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/鈴木えみ(マキアミューズ) 取材・文/野崎千衣子 谷口絵美 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN