この“ひと手間”で仕上がりに差が出る! 神崎恵さんのメイクアップ&スキンケアのコツ

メイクアップ
いいね! 2件

美容家・神崎恵さんが実践する、キレイになるための“ひと手間”とは? 「MAQUIA」10月号からメイクとスキンケアの秘訣を大公開。

Image title

ツヤ美肌もHappyフェイスも
神崎 恵のキレイはこの“ひと手間”でできている

3児の母にして、驚くほどのハリ、ツヤ、女らしさを保つ美容家・神崎恵さん。その美しさの裏に隠された、“仕上がりの違いを生む”キレイのひと手間に迫ります!


神崎恵的ひと手間とは?

「 元々、肌も髪の毛も体型も、コンプレックスだらけの私。肌はすぐに日焼け&乾燥するし、髪の毛は強いクセ毛で基本バサバサ……。そんな人より扱いにくい自分の各パーツを、マイナスからゼロの状態まで引き上げるために行うのが、今回ご紹介する“ひと手間”の数々。このプロセスを踏むことで、理想的な肌や髪作りの、次へのステップに踏み出すことができるんです!」


Make-upは、“ハッピー肌”を作るメイク前の肌トーン調整がポイント

Image title


“ひと手間”①

ピンク下地のW使いが幸福感の高い肌に
「ファンデーション前の美肌作りは2本の下地で。まずは全体にみずみずしいツヤが出るコスメデコルテの美容液下地を。次に、頬やあご部分のみにシャネルの青みベースをのせ、くすみをカバー」

Image title

ツヤ&青み系の2色使い

(右)美しいツヤが仕込める。AQ ミリオリティ メイクアップ エッセンス 01 30㎖ ¥10000/コスメデコルテ 

(左)くすみを飛ばし幸福肌に。ル ブラン バーズ ルミエール 40オーキデ 30㎖ ¥6000/シャネル




“ひと手間”②

メイク前に首をマッサージすると肌の色がパッと明るく
「メイク前に手早く行うのが、首マッサージ。耳下あたりから首の横を大きめにつまみほぐし、そのあとこぶしで上から下へグリグリと。老廃物が流れることで顔色のトーンが上がります」



Skin Careは浸透力を上げることで顔もデコルテもツヤ感キープ

“ひと手間”①

手を温めながらじんわり浸透力UP
「お湯で手を温めてからスキンケアを塗り、その手で首や顔を包むと、血行が促進されて見違えるほど顔色が明るく! 基礎化粧品やファンデーションも『熱で塗る』と浸透力とツヤがUPするので、温めた手で行うことが日課」

Image title

お湯に手を浸し温めてからケア

“ひと手間”②

顔用基礎化粧品を首&バストまでのばす
「パーツごとに違う化粧品を使うと、肌の質感に差が出てしまうんです。だから、顔に塗るついでに胸元まで同じアイテムでケア。皮膚は繋がっているので、胸を持ち上げるように塗ると顔のたるみも防げるみたい」



MAQUIA10月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉 メイク&モデル/神崎 恵 ヘア/工藤由佳〈Un ami〉 スタイリスト/石関靖子 取材・文/栗田瑞穂 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN