鈴木えみさんの夏メイクは“ラベンダー”がキーカラー! 青空に映えるメイクセッション

メイクアップ

「MAQUIA」7月号の人気連載『えみと、メイクと、ファッションと。』では、旬のファッション×ヘア&メイクの組み合わせを鈴木えみさんが提案。今月のテーマは?

Image title

― THIS MONTH THEME 
ひねりを加える
オフショル

×

ヘア&メイクアップアーティスト
信沢Hitoshiさん

逆グラデシャドウ

洋服の軽やかさを
メイクの透明感で高めて

えみ 今年、ワンショルダーとかまた肩出しの洋服がきてるけど、なんかね、ここ最近シンプルめなものにちょっと飽きてきていて、面白みを加えるのにもいいかなって。
信沢 いいと思う~素敵! で、メイクどうする? 今パッと浮かんだのは、白いマスカラつけちゃうのとかカワイイなぁって。でもマキア的にちょっと行きすぎだよね?(笑)
えみ それも良さげだけど、う~ん……あ、ラベンダーで透明感ってどうかな。しかも眉からの逆グラデで。少しトリッキーな塗り方なら、コンサバにならないだろうし、まぶたの素っぽさもキープできそうだし。
信沢 あ! それいいね~。そうしよ! で、極力抜ける部分はマイナスして。
えみ しかしこの塗り方、眉とのバランスが意外と難しいね。いつもより薄めに描いてるのにしっかり濃いめに見える。
信沢 確かに! リップも重くならないように、透けるダークカラーがいいかもね。
えみ それ、賛成~!


ヘア&メイクアップアーティスト
信沢Hitoshiさん

女優やモデルのほか、アスリートからも指名を受け、雑誌や広告など幅広いジャンルで活躍。独自のバランス感覚から生まれる抜け感メイクに定評あり。


「色を感じさせながらも
シアーなテクスチャーで
エアリーにまとめてみて」

by HITOSHI NOBUSAWA

MAKE-UP POINT

濃いラベンダーを眉下にのせる

A左下のパープルを大きめのフラットブラシにとり、眉下に沿ってざっくりとのせていく。

ぼかすように淡い色でなじませて

眉下にのせた濃いラベンダーをぼかすように、A左上の淡い色を丸みのあるブラシで広げる。

USE ITEMS

A まぶたにピタッとフィットして、濡れたようなツヤと輝きを放つ。素肌を感じさせるシアー発色。ルナソル シアーコントラストアイズ 02 ¥5000/カネボウ化粧品 B ラベンダー色がのっていないまぶたの二重部分を中心にサッと重ねて。スモールアイシャドウブリュレ ¥2700/M・A・C C 指またはブラシを使ってポンポンとラフに唇に塗布。リップブロッサム 46 ¥2800/ジルスチュアート ビューティ


MAQUIA7月号

モデル/鈴木えみ(マキアミューズ) 撮影/黄瀬麻衣 ヘア&メイク/信沢Hitoshi スタイリスト/町野いずみ 構成・文/森山和子 企画/吉田百合(MAQUIA)

【MAQUIA7月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN