しっかりメイクだとケバく見える…ミニマムメイクの肝は肌づくり!

メイクアップ
いいね! 0件

「MAQUIA」12月号から、メイクアップアーティストの小田切ヒロさんがポーチの中身を見てアドバイスします。ひと手間加えれば美人度底上げ。

Image title


プロのアーティストが

ポーチの中身でメイクしたら

流行りのコスメを買い揃えているし、メイクも頑張っている。なのに仕上がりに満足できないのはなぜ?それはコスメの使い方がイケていないのかも。プロによるポーチの中身&セルフメイクチェックで原因を探る!


教えてくれたのは…

メイクアップアーティスト
小田切ヒロさん

ユニークなテクニックを用いたメイク指南が好評。ポーチの中身から人物像を言い当てる特技も。


File  読者モデル 馬渕真由子さん

メイクは最小限。変化はリップで楽しむ派

Image title

顔が濃いタイプなのでしっかりメイクするとケバく見えるのが悩み。下品に転ばない、年相応のメイクにシフトしたいです。

Image title

小田切プロファイリング

ルールに縛られず、自由にメイクしてみて

隙のない肌作りで美人度を底上げ

平行眉からは卒業。眉尻から色気を醸す

Image title

ひとつのコスメを限界まで使い切る姿勢に情の深さを感じます(笑)。顔のパーツが整っているのでメイクはミニマムで十分。もう少しベースメイクを作り込み、さらに眉で女性らしい色気を加えれば無敵です!


プロの手直し

肌作りは丁寧に。クマは広範囲でカバーする

Image title

クマが目立つ目の下にAの左の色を。頬にも伸ばして、肌の色を均一に。

Image title

肉厚なスポンジを使い、丁寧になじませる。このひと手間がポイント。


買い足し
アイテム

Image title

指でぼかすより、ワンランク上の仕上がり。スポンジパフアーティストタッチ119 ¥850/資生堂


影が落ちやすい部分も光で飛ばす

Image title

光を受ける鼻根だけでなく、目の下の影にもBをのせて凹凸を緩和させて。


眉尻をしっかり描いて女性らしい傾斜眉に

Image title

Cの濃い色で眉尻を書き足す。少し角度をつけると大人っぽさがUP。


光を味方につけて圧勝!

Image title


MAQUIA12月号

撮影/浜村菜月〈LOVABLE〉 ヘア&メイク/小田切ヒロ〈ラ・ドンナ〉 構成・文/浦安真利子 企画/火箱奈央(MAQUIA)


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN