デコ広&童顔さん、必見! メイクと髪のWテクで、小顔に見せる成功法を教えます

メイクアップ
いいね! 1件

「MAQUIA」2月号では、CHIHARU×朝日光輝のスペシャル最強コラボが実現。顔タイプごとにぴったりの小顔テクニックを紹介しています。その中から、今回は幼く見られがちな“デコ広”タイプのヘア&メイク術をピックアップ!
Image title

光影メイクの伝道師

CHIHARU

タカラジェンヌを経てヘア&メイクの世界に。わかりやすく、人それぞれの顔型や骨格に合ったメイクで雑誌はもちろん、女優やタレントのメイクも数多く手がける。


美フォルムヘアのエキスパート

朝日光輝

モデルや有名人からも絶大な支持を受けるヘアサロンairのプロデューサー。髪のスペシャリストとして業界を牽引し、トレンドを生み出す腕にはファン多数。


【デコ広タイプ】Image title

額が広いと自覚している人はもちろん、童顔な人や可愛らしい印象の人はこのタイプ。「額に余白が多いということは、顔のパーツ全体が下に寄って見えるということ。まずは前髪を作って視線を顔の下部に集めることで小顔の第一歩が始まります」(朝日さん)


MAKE

顔の中心に光を広げて中高印象に更新を!

額との境目をぼかすために眉は薄めに描くのがコツ。凹凸補正は光を十字に散らして中央を際立たせるイメージで。


HAIR

カバーしすぎない抜け感のある前髪で縦ラインを強調

前髪はマスト! 額周りとサイドに抜け感を作り、シャープさをプラスすると全体をシェイプアップ可能。


【次ページをチェック!】“デコ広”顔のためのヘア&メイクを実践!>>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN