オンとオフで使い分け! 赤リップが主役の好印象メイク

メイクアップ
いいね! 1件

赤リップって難しい……と思っている人でも大丈夫!自分に似合う“赤”の選び方と塗り方をレクチャーします。「MAQUIA」11月号からシーン別のおすすめ赤リップをお届け。

Image title

こんなときの赤リップバランスは?

敬遠されがちなシーンでも、好印象な記憶を残せる赤リップテクと、その他全体のメイクバランスをご紹介します。


仕事のときは

チョコレートレッドでデキる女性にシフト!

落ち着いた印象を与えるブラウン寄りの赤ならオフィスにぴったり。シャープな眉やシェーディングでスマートにまとめて。


意志の強さを感じる

ブラウン系レッド

Image title

難易度高めのブラウン寄りのリップは、ビジネスシーンが好機。キリッと仕上げて。NARS オーデイシャスリップスティック 9497¥3600/NARS JAPAN


LIP

ブラシできちんと塗り

ブラシにたっぷりとリップをつけ、輪郭通りに塗布。リップ山をきちんと整えれば、知的さもUP。口角部分は軽くティッシュオフ。


EYE

ライナーで大人の目ヂカラUP

上まぶたにベージュシャドウをワンストロークし、ブラウンライナーで目尻のキワを締める。カールしたまつ毛にマスカラたっぷり。


CHEEK

シェーディングで骨格引き締め

大きめのブラシにローズ系チークを含ませ、頬骨からこめかみ、耳上からフェイスラインに沿って、さらっとひとハケして。


EYE BROW

太さよりも、シャープな形を

ブラシにいつもよりも1トーン暗めのアイブロウパウダーで、少しずつ描き足しクールなシェイプを。太さはあまり出さないこと。


【次のページをチェック!】リラックスDAYのときにぴったりの赤リップはこちら》》

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN