大人にこそ「ひと手間」が必要! 美のプロが語る、日々の積み重ねの大切さ

メイクアップ
いいね! 3件

自分に手をかけることの積み重ねは、私たちに何をもたらすのか。「MAQUIA」10月号では、有言実行の美のプロ達に「ひと手間」が必要な理由を伺いました。

Image title


美人が美人たる所以はここにあった
美容に「ひと手間」が必要な理由

キレイな人は知っている。どんなに忙しくても自分と向き合い手をかけることの効用を。いまこそ身につけ未来に向けて積み重ねたい、実になる「ひと手間」のすすめ。


大人にこそ“ひと手間”
が必要な理由

有言実行のプロ達が証言。自分に手をかけることの積み重ねは、私たちに何をもたらすのか。


小林ひろ美さん
時間もお金もかけず環境も変えずに
肌も心もご機嫌になれる。

例えば、自分の動線を予測して適材適所のコスメを置く、ちょっとした工夫。知性とアイディア次第で、今あるもので肌も心も上向きにするのが、ひと手間の力。忙しい大人こそ取り入れて欲しい。


藤原美智子さん
今かけたひと手間で10年後の顔つきはもちろん、人生にも差が出ます


松本千登世さん
大人になるほど一発逆転は難しい。
だから、勝負日に綺麗な人より、毎日小綺麗な人を目指そう


水井真理子さん
ひと手間をかける女の辞書に「だって」、「でも」の文字はない

Image title

石井美保さん
経験値が上がることでベストな状態ではないときどうテコ入れするべきかわかるようになる。

闇雲に手をかけるのではなく、意識して功を奏しているか見極めるのが大人のひと手間。そういう経験を積み重ねて得たノウハウは、何にも代え難い財産。


鈴木ハル子さん
丁寧にメイクすれば丁寧な顔になる。
端折ると、端折った顔になる


小田ユイコさん
美しい人はたいていひと手間の女王。
ヘアメイクさんの技はまさに、ひと手間の集合体。

メイクなら、ひとつのパーツに対して3ステップかけると仕上がりが歴然。パーツの存在感がくっきりして、メリハリが出て、元気に見える。スキンケアの場合、透明感とツヤの差で違いがわかる。


君島十和子さん
日々きめ細かく自分と向き合えば
「こんなはずじゃなかった」という大誤算は生まれない


MAQUIA10月号

撮影/增田勝行〈SIGNO〉 青柳理都子〈内山写真事務所〉 菊地泰久〈vale.〉 ヘア&メイク/髙取篤史〈SPEC〉 広瀬あつこ スタイリスト/後藤仁子 モデル/絵美里 取材・文/長田杏奈 構成/火箱奈央(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN