河北裕介さんがこの秋提案する“ハンサムな色気”を帯びたメイクテク

メイクアップ
いいね! 6件

「MAQUIA」10月号では、大人気ヘアメイクアーティスト河北裕介さんが“ハンサムな色気”を引き出すメイクテクニックをご紹介します。

Image title

Image title

僕のメイクはいつも服を着てから始まる。この秋は、ジャケットや肩がポイントになってくるハンサムめな服が気になるから、顔にも大人の女らしさの中にハンサムな要素を効かせたいなと。フックとなるのは、毒っけのある色っぽさを含んだバーガンディの口紅。そこに、赤み系ブラウンで目元を囲んでムーディな影を落とし、眉の毛並み感を際立たせて深みと強さを。唇には、ひと塗りでドキリとさせる女っぽい色気が、そして前髪の合間からのぞく目元と眉には男っぽいハンサムさが宿るはず。

Image title

“男っぽさも女っぽさも。一筋縄じゃいかない感じに人はそそられるんだ”


Image title

河北メイクはココがいい!by IGARI

とってもメイクが早いのに、なんでこんなに女を上げられるのか不思議~。私は全面アピールのわかりやすい美しさって好きじゃないから、河北さんが作るその人の中身を透けさせるような、洗練さもエロさも品もお洒落さも含んだメイクに惹かれるんだと思う。さっとすれ違った時、思わず振り返っちゃう魅力があるよね。

LIP

ザ・秋色バーガンディリップを主役に

Image title

「バーガンディの毒色リップを、リップブラシで丁寧に輪郭を取りながらのせていく。これだけでぐんと秋めく。唇に血色が感じられるから、頬はノーチークでOK」


色気と今感が増す、熟れた赤み。つやがあって、使い勝手も◎。ルージュ ディオール781 ¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定色)

EYE

赤み系のつやブラウンで囲んで、軽い影感を演出

Image title

パレット中央の赤みが効いたツヤブラウンを、上まぶたの二重幅よりやや広め&下まぶたのキワに細く入れることで、目元をぐるりと囲んだ軽やかかつムーディな影を作りだして。パレット左下と右下の質感違いのブラウンを混ぜ、目のキワに引いて引き締めつつも、アイラインは引かずに抜け感を。


「フィット感も高い、間違いなしの色」。暖かみのある影を落とす、レンガ色からブラウン、チョコレートカラーを配したパレット。サンク クルール 677 ¥7600/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定色)

EYEBROW

唇と目元に色の重さがあるから、眉で引き算

Image title


「リップに色があって、目元にも深みがあるから、眉は薄めにさらっと仕上げてバランス調整を。薄墨のリキッドアイブロウで、毛並みを立たせるよう男性的に描いて」


「このリキッドは、まるで水彩画のように繊細かつシアーな眉が描ける」。洒落感のあるアッシュブラウン。フルブロウ 03 ¥3800/バーバリー

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN