人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

どうしたら「似合うメイク」が見つけられる?プロのアドバイスで“自分だけ”のキレイを発見

メイクアップ

似合うに必要なのは…

「好きなパーツ」
から変えてみる

すべてを一気に更新すると、見慣れない顔に……。ならば、まず自信の持てるパーツから攻めて。


緻密さと詩的な感性を併せもつ
岡田いずみさん

「つけたとき、顔が輝く。
それが“似合う”のサイン」

メイクは理想のキレイを体現し、気持ちのベクトルをググッと高めてくれるもの。自分の顔の一番好きな、見て欲しいパーツにとても丁寧に色や光をのせて視線を集めれば、なりたい自分を明確に表現できます。またそれによって全体のバランスもとりやすくなり、やりすぎ感のない自然で自分らしいメイクに。

Image title


キュートなヘアメイクに支持集中
Georgeさん

「ワクワク楽しんでできる
ことはきっと似合っていく」

いつの間にかメイクが義務や“隠すこと”になり、挑戦するワクワク感を忘れていそう。同じものを使い続けないことは「似合う」を見つける秘訣。一度に全部ではなくひとつずつ変えて、それがなじんできたらまた次へ。自分の顔を好きになり、パーツをよく理解すること、客観的に見てくれる第三者の存在も大事。

Image title



個々の可愛さを引き出し指名多数
木部明美さん

「新しいことをひとつだけ、
プラスしてみる」

すっぴんの自分と鏡越しに向き合い、どうなりたいか考えながら、好きなパーツにプラスする。欠点に足すと、どうしても“カバー”になってしまうから。厚い唇が好きなら、あえてそこに濃い色をのせるとか、枠に捉われず自由に。目も脳もすぐ慣れるから大丈夫!そのパーツがきっともっと好きになれますよ。

Image title


MAQUIA4月号

撮影/土佐麻理子(Georgeさん) 岡部太郎<SIGNO>(岡田さん) Kisimari<W>(木部さん) 神戸健太郎(岡野さん、中山さん) 永躰侑里(高橋さん) 寺田茉布<LOVABLE>(犬木さん)  取材・文/巽 香 構成/木下理恵(MAQUIA)


【MAQUIA4月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN