どうしたら「似合うメイク」が見つけられる?プロのアドバイスで“自分だけ”のキレイを発見

メイクアップ
いいね! 1件

「MAQUIA」4月号から、メイクのプロフェッショナルたちに聞いた「自分に似合うメイク」の見つけ方をご紹介します。自分だけの正解を見つければ、今までで一番、あなたを輝かせるメイクに出会えるはず。

Image title

アーティストに聞きました
どうしたら自分に似合うメイク、見つかりますか?

“自分だけ”のさらなるキレイを具現化するために。プロフェッショナルたちからの提言が、きっと新しい気づきをくれる!


似合うに必要なのは…

「好き」を極める

“好き”という気持ちは“似合う”を見つけるブースター。自分への愛も忘れず“好き”を追求!


“大人キレイ”の未来を照らす
岡野瑞恵さん

「自分のもつ素材で
憧れに近づけたら
自分らしさも叶う」

自分の“好き”を見つけて。なりたい顔が具体的にあるなら、自分の好きなパーツを軸に“憧れ”との差を埋めていけばいい。他人から見た“似合う”が、自分と一致しないこともあるから、カウンターのBAさんにしてもらったメイクで1日過ごしてみると、なじむにつれ見えてくるものがあるかも。プチプラコスメで“チャレンジしやすい環境”を作るのもおすすめ。

Image title


大人可愛いメイクの第一人者
高橋里帆さん

「好きなら似合う!
自分の中の違和感
に負けないで」

好きな色は、似合う。たとえばピンクでも、洋服ならパステルよりくすんでいるほうが自分には似合うとか、きっとわかっているはず。それなら同じ感覚で試してみては? チャレンジするときは、まず好きなパーツ以外で使ってみて、ほかのパーツはいつもと同じように。そうすれば自分自身の違和感も薄くなって、しっくりとくれば、もうこっちのもの!

Image title


透明感・旬・可愛いの三位一体
中山友恵さん

「好きなアイコンの
真似からでもいい。
まずチャレンジ!」

まず鏡の前で自分としっかり向き合う。もしまっすぐ自分を見られないなら、体幹を鍛えるのもアリかも。身体の軸が通ると、気持ちがポジティブになるから。基本的に似合わないメイクなんてないし、コスメは使い方次第。新しい自分発見には、カウンターのBAさんにメイクしてもらうのもいい。そして自分自身にもっと興味をもてば、似合う幅が広がると思う。

Image title

“今欲しい顔”を創る感性はピカイチ
犬木 愛さん

「“似合う”は気持ち
に左右されるから
“好き”を増やして」

服でもコスメでも「これが好き」と言える人は、それをまとう自分が見えている。堂々と着こなす人は、どんな服でも似合ってしまう。だから自分の中でNGを増やさないこと。そして素の自分が持っている要素は、生かすこと。欠点のない美人は、むしろ人の記憶に残らないもの。“完璧”から外れたところが際立って、チャームポイントになることもあるから。

Image title




【次のページをチェック!】さらに3人のプロに聞いた「似合うメイク」に必要なこととは……?

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN