春のトレンド青みピンクはこう使う! 大人可愛いをつくるメイクの新方程式

メイクアップ
いいね! 0件

「MAQUIA」5月号に掲載中の『春コスメで叶える2つの顔 2人の私』特集では、今をときめく人気アーティスト6人が、この春注目をしている最旬メイクを2スタイル紹介しています。今回はその中から、千吉良さんが提案する派手色リップの合わせかたをお届け。

Image title

千吉良恵子×市川紗椰

Image title

生っぽさを意識して派手色をカジュアルに

紗椰 色使いは大胆なのにベースがナチュラルだから、普段メイクとしてもトライできそう!

千吉良 キレイな色だからこそ、きっちりではなく、ラフにメイクしたのがポイントなの。

紗椰 確かに! パープルやパステルって一歩間違えると古臭くなっちゃうけど、おしゃれ♥

千吉良 指づけや、眉をあえて描かなかったり、まぶたのベースを抜いたりすることで、メイク度を少しだけカジュアルダウン。そうすれば、ハードルの高い色との距離感も縮まるんだ。

紗椰 なるほど。だから派手色も浮いて見えないんだね。


USE ITEMS

Image title

1 ウォータリーベースで透明度の高い澄んだ色づきに。アクアレル アイズ 06 ¥3000/エレガンス コスメティックス

2 テクニック不要で繊細な細ラインが描ける。ファシオ スリム リキッドライナー BK001 ¥1000/コーセーコスメニエンス 

3 まつ毛1本1本の存在感を高めてくれる。ノワール・クチュール・ボリューム・ウォータープルーフ 01 ¥4900/パルファム ジバンシイ[LVMHフレグランスブランズ]
4 みずみずしいテクスチャーで、じゅわっと生っぽいツヤ肌に。クッションブラッシュ スプティル 021 ¥5600/ランコム

5 なめらかに描ける、鮮やかなホットピンクリップ。アート スティック 09 ¥3600/ボビイ ブラウン


派手色リップでピュアさが引き立つ新方程式

一見、ただのナチュラルになってしまう抜け感メイクをインパクトの強い青みピンクのリップで、染め上げたようにしっかりと強調! 大人っぽい可愛さと抜け感のあるピュアさを見事に叶える。


EYE

シアーなラベンダーカラーで肌に透明感を

Image title

1をアイホール全体へ。塗ってから3秒ほど待ってから広げると発色がアップする。下まぶたには1をチップ塗りして涙袋風に。目のキワには2で細くラインを引き、マスカラは3で根元からたっぷりと塗る。

Image title

Cheek&Lip

リップの重ね塗り⇒オフで濃いリップも浮かない!

Image title


チークは4を横広に。中央のみ重ねづけすると、自然な上気肌に。5を唇全体に塗ってからティッシュオフ。再度中央のみに塗ってティッシュオフ。さらに中央を塗ったら指で輪郭をボカす。



MAQUIA5月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 石沢義人(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/後藤仁子 モデル/市川紗椰 取材・文/谷口絵美 企画/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA5月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN