メイク手順を変えるだけ! いつもと違うツヤっぽい目もとの作りかた

メイクアップ
いいね! 1件

「MAQUIA」12月号から、メイクアップアーティストの小田切ヒロさんがポーチの中身を見てアドバイスします。メイクの手順を見直してみよう!

Image title


プロのアーティストが

ポーチの中身でメイクしたら

流行りのコスメを買い揃えているし、メイクも頑張っている。なのに仕上がりに満足できないのはなぜ?それはコスメの使い方がイケていないのかも。プロによるポーチの中身&セルフメイクチェックで原因を探る!


教えてくれたのは…

メイクアップアーティスト
小田切ヒロさん

ユニークなテクニックを用いたメイク指南が好評。ポーチの中身から人物像を言い当てる特技も。


File ジュエリーデザイナー 酒匂彩名さん

ツヤっぽい目元がメイクのポイント

Image title

特に目元のメイクはこだわっていて、今っぽいツヤの出るアイテムを中心にチョイス。でも幼く見られがちなのが悩み……。

Image title

小田切プロファイリング

いつもの“メイク手順”を見直してみよう

目元のツヤは仕込むのではなく“後のせ”

血色チークは斜め入れでクールに

Image title

コスメのセレクトは今っぽくて文句なし。ただし、グリッターのシャドウをアイメイクのベースに仕込んでいたり、練りチークを頬の真ん中に丸くのせていたりと使い方に気になる点が。一緒に見直しましょう。


プロの手直し

ラメシャドウは仕上げにのせてツヤ感を発揮

Image title

Aを2色混ぜてとり、目頭側が濃くなるように目頭→目尻にぼかす。


Image title

ベースに入れていたというBを、まぶたの中央に最後にのせる。


Image title

ラメのきらめきが生きて、立体感のあるツヤっぽい目元の完成!


赤みチークは控えめに頬骨に沿って

Image title

シェーディング塗りでフェイスラインもカバー

Cのチークを指にとり頬骨に沿って斜めに。可愛らしく見えるチークの入れ方を止め、キリッとした印象に。


ワンランク上の洗練メイク

Image title


掲載された商品はすべて読者私物となります。メーカーやブランドへのお問い合わせは、ご遠慮ください。


MAQUIA12月号

撮影/浜村菜月〈LOVABLE〉 ヘア&メイク/小田切ヒロ〈ラ・ドンナ〉 構成・文/浦安真利子 企画/火箱奈央(MAQUIA)



【MAQUIA12月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN