ミルフィーユのように薄く!きちんとホールドして夏でも"絶対崩れない肌”のつくり方

メイクアップ
いいね! 1件

「MAQUIA」7月号では、メイクアップアーティストの河嶋希さんに教えてもらった毛穴レス&崩れない鉄壁肌の作り方をご紹介。

Image title

汗ばむ季節の大敵は、開きが増す毛穴と歯止めが効かない化粧崩れ。だからこそ欲しいのは、1日中安心の崩れない毛穴レス肌。みんなから知りたいと要望の高かった、ミニマムなステップで仕上げるナチュラル肌と、丁寧に仕上げるきちんと肌の2つの作り方を紹介します。


教えてくれたのは...
メイクアップアーティスト
河嶋 希さん

塗ったことを悟らせない。絶妙に計算され、どんなファッションにも映える抜け感のある肌作りが得意。明確な理論にも定評あり。


☑きちんとホールド派
6層ミルフィーユ仕立てで毛穴レス&崩れない鉄壁肌づくり

毛穴もアラの存在もまったく感じさせないきちんと感のある化粧持ちのいい肌は、下地やコンシーラーなどのアイテムを駆使して一層一層を薄~く仕上げることが決め手です。毛穴やくすみ、クマなど顔にできる影を、それぞれの悩みに特化した適材適所の下地やコンシーラーでピンポイントに消し、ファンデーションは極力薄塗りに。

Image title


1日中、毛穴もアラもまったく
感じさせない。至近距離でも
見惚れる、繊細なきちんと肌

Image title



毛穴ゾーンに冷やしパック

冷蔵庫で冷やした収れん化粧水を、乳液を塗った後の頬にのせ約1分放置。


STEP1 引き締め化粧水でコットンパック

Image title

余分な皮脂を吸着し、ベタつきや化粧崩れを防止。エリクシールホワイト トーニングローション( 医薬部外品) 165ml ¥4000(編集部調べ)/資生堂


ベースメイク前に毛穴をふっくら&引き締める下準備を

化粧のりと持ちをアップするには、毛穴をふっくらなめらかにしつつ、毛穴の開きを縮小することが肝心。ベースメイク前に、収れん化粧水を投入して。

くるくると毛穴埋め

下地を指の腹ですっとすべらせたら、毛穴部分にのみくるくるなじませる。


STEP2 毛穴埋め下地で面をフラットに

Image title

毛穴やテカリ部分に塗ると、透明感となめらかさが急上昇。SPF15・PA++ マキアージュ フラットチェンジベース 1 種 ¥2500(編集部調べ)/資生堂


小鼻や頬の毛穴の凹みの影は、透明下地でくるくると埋める

毛穴の開き部分は凹んでいるので、埋めてフラットにするのが化粧のりを良くする決め手。日中のテカリも抑えてくれる部分下地で、毛穴をフラットに。

顔全体に塗り、密着させる

小豆2粒大を顔の内から外に向かって顔全体に塗り、ハンドプレス。


STEP3 ピンク下地でツヤ&色ムラ補正

Image title

うっすらピンクがかった下地は、ヘルシーな血色と光沢感を与えつつ、肌トーンをアップ。カネボウ ライトグロウプライマー 30ml ¥4000/カネボウインターナショナルDiv.


くすみや色ムラの影は、ツヤピンクで飛ばすのが正解

顔全体に及ぶくすみは、補正力の高い下地によるツヤと血色感で一掃して。みずみずしい質感のうっすらピンクがかった下地を選ぶのが、おすすめ。

影の濃い部分にのせる

まず、コンシーラーを目の下のクマや凹みの影が目立つ部分にスーッと置いていく。


Image title

指の腹でなじませる

指の腹で、コンシーラーをポンポンとぼかし広げていく。目のキワ約2ミリはあけて。


STEP4 固形コンシーラーで目の下の影消し

Image title

指でさっと塗れば、素肌感を残しつつハイカバー。ソフトマットコンプリートコンシーラー 全8色 各¥3400/NARS JAPAN


目の下のクマや凹みの影はコンシーラーで消す

目元のクマや凹みの影には、ハイカバーな艶コンシーラーが出番。目のギリギリからカバーすると厚塗り&目が小さく見えるので離して塗るのがコツ。

1 カバーしたい頬からのせる

小豆大を両頬にのせる。そこから、内から外に顔全体に広げていく。


Image title

2 パッティングで密着度UP

スポンジで顔全体を軽やかにパッティング。ファンデーションを密着させて。


STEP5 ジェルファンデーションをスポンジで密着

Image title

(左)ピタッとフィットして、ツヤめく美肌に。SPF24・PA++ジェルクリーミィ ファンデーション 全7色 各¥5000/RMK Division (右)タッピングに最適。ザ・ライト バルブ スポンジ ¥1200/シュウ ウエムラ


ファンデーションは崩れないよう薄く!

肌悩みはSTEP 2、3、4でしっかりカバーできているので、ファンデーションはなるべく薄く。スポンジでパッティングし、肌に薄く密着させて。

粉をパフに均一づけ

パフにのせたら、手の上ですべらせて。余分な粉を落としつつ、均等に行き渡らせる。


Image title

顔全体に薄膜塗り

顔の内から外に向かって、パフを軽~くすべらせるようにして顔全体に塗っていく。


STEP6 粉感レスパウダーで最終フィックス

Image title

明感の高い、さらさら肌に。粉含みが良く、肌にふわっとフィットする大判パフも秀逸。SPF10・PA+ フェザー ヴェール 001¥7000/エレガンス コスメティックス


顔全体に薄く、均一塗りする

フェイスパウダーは、粉っぽさを感じさせない質感と大判パフがついていることがポイント。仕上げのお粉も、あくまでも薄く、均一に面になるように。


MAQUIA7月号

撮影/寺田茉布〈LOVABLE〉(モデル) 富樫美和(物) ヘア&メイク/河嶋希〈io〉 スタイリスト/後藤仁子  モデル/スミス 楓 取材・文/中島彩(MAQUIA)  企画・構成/木下理恵(MAQUIA)


【MAQUIA7月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN