チーク&アイで簡単印象チェンジ! オンオフ使える脱マンネリモテメイク

メイクアップ

環境も変わり、新しい出会いが多くなるシーズン。「MAQUIA」5月号から、いつものメイクに1テクニックプラスするだけで完成する、春の好感度顔の作り方をご紹介。

Image title

定番メイクをほんのちょっと変えるだけ!

「ちょいテク」プラスで、
脱マンネリモテメイク

環境も変わり、新しい出会いの多くなるシーズン到来。誰からも親近感をもたれる”春の好感度顔”を、いつものメイクに1テクニックプラスするだけで完成できるとしたら? 毎日新鮮な私に出会えそう!


≪内勤OL・舞の基本メイクテクニックはこちら⇒★★★


tips1

親友の結婚パーティ。
ミントグリーン
まぶたでお祝い

パーティシーンでは、春らしいパステルメイクで、いつもより華やぎ盛り。ただし、あくまでも主役は花嫁なので、パステルピンクではなく、涼しげなブルーグリーンで甘くなりすぎないようにするのが大人の心遣い。下まぶたに色はのせず、上まぶたのみ色をのせて軽やかに。それでも、2人のハッピーな雰囲気に後押しされて、次は私たちなのかな……。なーんて、甘い妄想しちゃったりして♥

Image title

Image title

上の色をアイホール全体、下の色を二重幅にのせてぼかす。インテグレート ワイドルックアイズ BL221 ¥850(編集部調べ)/資生堂(限定品)

tips2

後輩を指導する研修日。
レンガ色チークで上品に、優しく

コワい先輩に見られたくないけど、なめられちゃダメ! そんな新人指導をする日には、レンガ色チークを味方につけて。笑ったときに高くなる位置に、黒目下から入れることで、引き締めカラーながらも、どこか柔らかな表情に。

笑顔を作ってから、黒目下から頬骨の高い位置へ、指づけ。リキッドブラッシュ 5159 ¥3400/NARS JAPAN(限定品)

tips3

部署の歓迎会には、くだけすぎない
黒ラインで引き締め!

仕事の延長ともいえる、部署の飲み会では、くだけすぎたり、弾けたりしないようにするのがお約束。お酒を飲んでも眠たげな目にならないよう、目頭からしっかりインラインを入れて、キリッとした眼差しに。

目頭からまつ毛の隙間を埋めていき、目尻はスッと引き抜く。キッカ リキッドアイライナー W 01 ¥4500/カネボウ化粧品

tips4

今日は手料理をふるまうおうちデート。
クリームチークであざとく血色足し

おうちデートは、いつもより薄メイクで、「俺だけにしか見せない顔」に♥ ニコッと笑ったときに高くなる頬ゾーンにチークをぼかし、肌が上気したように見せて。境目はぼかし、しっかりなじませることが大切。

笑ったときに高くなる位置にのせ、ビーンズ型に指で塗り広げる。ルージュ ココ リップブラッシュ 416 ¥3900/シャネル


MAQUIA5月号

撮影/天日恵美子(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/paku☆chan〈Three PEACE〉 スタイリスト/中村美保 モデル/辻元 舞 取材・文/谷口絵美 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA5月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN