【生感、ナチュラル、ピュア】モテポイントを網羅したベースメイクの作り方 

メイクアップ
いいね! 4件

「MAQUIA」9月号では、頑張りすぎていないのに、絶妙な愛され顔が手に入るメイク術を紹介中。ポイントメイクだけでなく、ベースメイクから旬顔をつくりましょう! メイクアップアーティストの千吉良さんが、パーツごとに合ったアイテムと塗り分け方を伝授!Image title


千吉良恵子さん

女優からモデルまで絶大な信頼を得る人気アーティスト。トレンド感と可愛らしさがMIXされたメイクが、幅広く支持を受ける。


厚みのない“生感”ベースでうぶ肌仕立てに

千吉良さん「オトナ可愛いメイクで最も重要なのが、ベースメイク。酸いも甘いも知ったオトナゆえ(笑)、いかに肌でピュアに見せられるかに明暗がかかっています。アラを隠そうと全てを覆ってしまうと、一気にメイク度が高くなってしまうので、使うアイテムと塗るパーツを注意しましょう。第一印象の要である、目まわりだけきちんとしていれば、意外とアラは目立たないもの。顔全体は薄塗りで素肌感を残すことで、ピュア感を手中に!」



1. 日焼け止めを塗った後、ツヤ系下地を目まわりのゴーグルゾーンにON。まぶたの上も忘れずにくすみを飛ばして。

Image title

Image title

Image title


大人のツヤ肌仕込みに。ステージパフォーマー グロークリエーターダズリング グロー ¥4500/シュウウエムラ(8/21限定発売)


2. 手に残った1の下地を、あごにもON。わずかに強調させることで、輪郭がハッキリとしてシャープな顔立ちに。

Image titleImage title

3. ファンデーションを少量取り、顔の中心であるモンキーゾーンのみなじませる。顔の内側から外側へと広げて。

Image title

Image title

Image title


軽やかなテクスチャー。みずみずしいツヤ肌に。CRティンテッド ジェル クリーム SPF30・PA+++ 全5色各¥3800/ベアミネラル(8/5発売)


4. 3で塗ったファンデーションの境目からフェイスラインへ、フェードアウトさせるようにボカすとナチュラル!

Image title

Image title



【次ページをチェック!】いよいよオトナ可愛いベースメイクの仕上げ!≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN