頑張らなくてOK! 彼をドキッとさせる色気を宿す1分仕上げの朝メイク

メイクアップ
いいね! 2件

「MAQUIA」1月号では、河北裕介さんがTPO別で色気を感じさせるメイクをレクチャー。朝はツヤと血色感を与えるだけの、頑張らないメイクを。

Image title

メイクとは、相手への心配り
河北裕介Presents
朝·昼·夜女は3つの顔を持つ

「1日を1つのメイクで過ごす日もあってもいい。でも、相手に合わせて“持つべき顔”を用意できる女性こそが、スマートかつ魅力的」と河北さんは考える。今回は時間軸で対人関係を設定しながら特別に仮想ポーチを作成。1日中人を惹きつけてやまないメイクテクがここに。

【あわせて読みたい】河北流・ポーチコーディネートはこちら!


“朝はスキンケアの延長で
ツヤと血色感を与えるだけ。
頑張らなくて、大丈夫”

by YUSUKE KAWAKITA

朝 morning/am08:00

ツヤと血色感を仕込んで
素の中に色気を宿す

「朝のキーワードは“ツヤを仕込むべし”! 例えば朝、すっぴんでももちろん素敵だと思うけど、少しだけ潤いと血色感を足してあげたら、自分自身のテンションも盛り上がると思うんだよね。朝からメイクきっちりの顔じゃ頑張りすぎてるし、毎日それじゃ疲れちゃうでしょ? 多少抜けてる方が朝のシーンには合ってるし、『おはよ♡』なんて言われちゃったらさ~(笑)。だから極論、メイクというよりスキンケアの延長で、なんなら彼がトイレ行ってる間なんかに済むくらいのたった1〜2分でできること。これがメイクの土台になるから、ぜひ習慣にしてみて!」

「朝から“忙しそうだな”と思われないよう、スキンケアの延長でメイクしてみて。ツヤ下地(A)を適量出して乳液感覚で顔全体にパパッとね。陰影が自然に生まれて、顔のパーツが立ってくるから不思議だよね」。

「それで目の下に赤みチーク(F)を広くトントンとなじませて血色感を与えたら……」

「……ハイライト(G)はおでことTゾーンにのせて、スポンジであまりをチークにレイヤードして。眉はぶっちゃけそのままくらいでいい。その抜けてる感じがカワイイじゃん?」


MAQUIA 1月号

撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉(モデル) 齋藤晴香(物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/木津明子 構成・文/森山和子 企画/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA1月号☆好評発売中】

Image title

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN