人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

チークの「角とりメイク」を伝授! なじみ色をミニマムに効かせて好かれ顔に

メイクアップ

「MAQUIA」12月号では、犬木 愛さんが教える、やさしさ印象に効く「角とりメイク」をご紹介。今回は、「角」を悪目立ちさせるモトになりがちなシェーディングやチークにクローズアップ!

Image title

好かれる顔になりたい人は必見

やさしさ印象に効く「角とりメイク」してみない?
気合を入れてきれいにメイクしようとすると、現れるメイクの“角”。性格に“角”があると気難しく思えるように、顔も“角”があるとなんだか近寄りがたい印象に。そんな“角”をとって好かれ顔へ導く、とっておきのレッスン。
Image title


Lesson 3 :角とりチークメイク
シェーディングやチーク、ハイライトは肌になじむ色をふんわりミニマムに効かせて。

Image title

1 ベージュチークを顔の側面に淡く入れる
ブラウンなどのシェーディングカラーではなく、ベージュのチークで輪郭を引き締める。パレットBをブラシに取り、顔の側面に3ストロークでオン。

Image title

輪郭にさりげない陰影をもたせるベージュ

カネボウ
センサイ ブルーミングブラッシュ 05

肌にふんわり溶け込む、やわらかなテクスチャー。入れたことを感じさせない、透明感の高いなじみのいい色。¥5000/カネボウ化粧品


Image title

2 頬の中心にほんわり血色感をぼかし入れる
こめかみから角度をつけて入れたり、輪郭がくっきりわかるチークは“角”に。頬骨の高い位置に、楕円を描くように上から下にぼかすのがポイント。

Image title

ローズカラーでやさしい血色感

ローラ メルシエ
ブラッシュ カラー
インフュージョン 02

にじむように色づいて、フレッシュかつセンシュアルな血色感が生まれる。ひとはけで顔全体のイキイキ感が上昇し、発色長持ち。¥3500/ローラ メルシエ ジャパン


Image title

3 ハイライトはミニマムに効かせる
立体感を生むハイライトは、広範囲に入れると途端に悪目立ち。眉間から鼻筋のはじまり、小鼻の先、あご先、頬骨にミニマムに入れるのが成功の秘訣。

Image title


Image title

潤い感のあるツヤを叶えるハイライト

イヴ・サンローラン ラディアント タッチ シマー スティック 2

悟らせないシマリーなピンクニュアンスのハイライト。瞬時にパウダーに変化し、肌に密着。¥6000/イヴ・サンローラン・ボーテ



MAQUIA 12月号

撮影/寺田茉布〈LOVABLE〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/犬木 愛〈agee〉 スタイリスト/後藤仁子(モデル) モデル/絵美里 イラスト/沼田光太郎 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 構成/火箱奈央(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

チークの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN