人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

崩れたメイクをキレイにリカバリー! 最低限のお直し術

メイクアップ

汗や皮脂でドロドロ。さらに、紫外線、エアコンなど外的刺激が多い夏。「MAQUIA」8月号では、美肌を守るためのケア100問を掲載中! 皮脂による化粧崩れや、ダラダラ汗で流れてしまった日焼け止めなど、日中のお直しテクをちらっとご紹介します。

Image title


答えてくれたのは

医師 髙瀬聡子先生

『ウォブクリニック中目黒』総院長。化粧品開発や執筆なども。近著は『いちばんわかるスキンケアの教科書』。


資生堂ヘルスケア事業部 内山正信さん

医薬品でありながら、女性の肌に向き合う『IHADA』を担当。マーケティングや商品開発などに携わる。


美容愛好家 野毛まゆりさん

外資系化粧品会社を経て、美容のプロとして独立。マキアなど女性誌で美容法、スキンケアのアドバイスを行う。


ヘア&メイクアップアーティスト NANAさん

マキアほか雑誌の撮影や、女優・タレントさんのヘア&メイクも手がける。いつ何時も美肌と評判!



Q. お直しポーチに欠かせな3種の神器を挙げるなら?

A.

【野毛さん】ティッシュ、ファンデーション、ミスト


野毛さん「ティッシュオフのためのティッシュ、乾燥対策のミスト、そして夕方のくすみカバーにはワントーン明るいファンデーションがマスト!これさえあれば安心です♪」


【NANAさん】コンシーラー、綿棒、プレストパウダー


NANAさん「崩れやすい季節は、ファンデーションではなくコンシーラーでメイク直しを。皮脂を抑えるプレストパウダーと細かなヨレをリタッチする綿棒も必需品!」



Q.頬が乾燥して夕方のファンデーションがのりません。どうすればいい?


A.リップクリームでカサつきを抑えて
Image title


NANAさん「乾燥で肌表面の毛羽立ちが気になるなら、無色のリップクリームで緊急保湿を。気になる部分に直接塗ったら、指でポンポンとなじませるだけでOK」。



Q.1日中冷房に当たっていたら肌がカピカピに。手軽に保湿する方法は?


A.油分の多いバームやクリームを使ってImage title


髙瀬先生「クリームやバームを手のひらに薄く伸ばし、乾燥が気になる部分になじませて。油分が多いので、ミストよりも長時間うるおいが続きます」。


【次ページをCHECK!】Not厚塗り&ほうれい線ヨetc.今日から役立つTIPS≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN