人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

伊藤千晃さんが変身! イガリシノブ流・大人の目力UPテクを大公開

メイクアップ

往年のデカ目メイクを脱却して、今こそ自分に合ったメイクの見直しを! 「MAQUIA」2月号では、イガリシノブさんが目の形別に目力UPテクを教えます。

Image title

小粒二重・幅狭二重・末広がり二重・一重

イガリシノブが解決!
目の形別 大人の目力、
どう上げるか問題

古いアイメイクのマニュアルやセオリーの呪縛に縛られ、目元の魅力を半減させている可能性も。そこでイガリさんが、悩める大人女子のために、目の形を活かした目力UPテクを伝授します!


HAIR & MAKE-UP ARTIST
イガリシノブさん

独特な感性やコンプレックスを活かすメイクなど、ヘアメイク界でも唯一無二な存在。『裏イガリメイク、はいどうぞ』(宝島社)が好評発売中。やりがちな失敗メイクから学ぶ正解メイクをわかりやす~くお届け。


目のフレームを強化すれば
瞳印象は誰でも必ず上がる

「大人が目力を上げようとすると、“頑張ってます”感が出ちゃって、ちょっぴりイタタな印象。目力を上げるのではなく、瞳印象を高めようと意識することが大事」そう語るイガリさん。確かに、往年のデカ目メイクといえば、グラデEYEに、ぱっちりまつ毛に、しっかり黒ラインがセオリー。いま見返すとちょっぴり古臭いし、自分の目の形を無理に大きく見せようとしていたかも。「瞳印象を上げる=本来の目の形やまぶたの色など、その人自身の持ち味を活かしながら、印象を強めること。例えば、まぶたのくすみを活かせば、アイシャドウの色みの奥行きが出る。まつ毛の根元だけマスカラを塗れば、自分の瞳のフレームを強調可能。そうやって自分の目の形を活かすように意識するだけで、瞳印象が強まるから結果的に目力は上がる。今までの“こうしなきゃいけない”というマニュアルはすべて捨てて、自分に合ったメイクの見直しを」


小動物のような可愛さ

小粒二重

Image title

影色になる赤みを眉下まで仕込んで
色気と立体感をON by イガリ

可愛らしい目元が特徴の小粒目さんは、ひとつ間違えると子供っぽく見えてしまうので、縦に目幅を広げないこと。ローズの艶シャドウを眉下~ノーズまでしっかり仕込むことで、目幅を全方向に広げながら、色っぽいムードも高まる。

1/6

2/6

3/6

4/6

5/6

6/6

A 自然なツヤを与えるくすみローズ。洒落た目元に。キッカ リッドフラッシュ 03 ¥3000/カネボウ化粧品

B 目元に奥行きと深みを与えるチョコレートカラー。温かみのある赤みブラウン。ルナソル セレクション・ドゥ・ショコラアイズ 02 ¥5000/カネボウ化粧品 

C ボリュームとまつ毛のリフトアップを両立。重ねてもダマにならず、印象的な眼差しに。クライマックス マスカラ 7008 ¥3600/NARS JAPAN

01 まぶた全体までAを広げる。ノーズシャドウを入れる感覚で、鼻筋の側面まで広げる。

02 パレットB1B2をブラシに混ぜて取り、目のキワからアイホールに広げる。

03 下まぶた全体にB1を塗る。キワはB2を引いて囲み目に。まつ毛根元にCを。


MAQUIA2月号

撮影/中島 洸〈まきうらオフィス〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/イガリシノブ〈BEAUTRIUM〉 スタイリスト/松島 茜〈io〉 モデル/伊藤千晃 取材・文/谷口絵美 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA2月号☆好評発売中】

Image title

伊藤千晃さんの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN