RMKの多色エマルジョンは小分け塗りが正解! 洗練ヌード肌をつくるブラシテクニック

メイクアップ
いいね! 1件

秋ファンデに変えたら塗りテクもチェンジ! 「MAQUIA」11月号では、ファンデの良さを100%引き出す塗りテクニックを披露。

Image title


私がお答えします!

Image title

ヘア&メイクアップアーティスト
レイナさん

トレンドを取り入れながら、その人自身の魅力を引き出すメイクに定評が。メイクレッスンも主宰し、実践的にアドバイス。


新常識!
多色エマルジョンは
ブラシで小分け塗り

Image title


RMK
3Dフィニッシュヌード

「役割の違う3色は、必要な部分にだけなるべく薄く最小限に。FDも顔全体に塗るのではなく、肌がキレイなところに他の部分のトーンを合わせるような感覚で」。好きなレフィルを組み合わせ、洗練ヌード肌を完成させて。P(レフィル)全2色 各¥1000、C(レフィル)全2色 各¥1000(ともにハーフサイズは限定品)、F(レフィル)SPF20・PA++ 全7色 各¥2000、ケース(ブラシ付き)¥1500/RMK Division


How to use

グリーンで赤み消し

折りたたんだブラシに右下のコントロールカラーを少量とり、赤み部分に薄くぼかす。

FDカラーも最小限

左のファンデーションカラーもカバーしたい部分だけに薄く、なでるように優しく塗る。

ツヤ効果で立体感!

右上のパールカラーはハイライトに。Cゾーンは下半分に入れると抜けのある立体顔に。


MAQUIA11月号

撮影/城 健太〈vale.〉(モデル) Kevin Chan(物) ヘア&メイク/レイナ モデル/Momona 文/摩文仁こずえ 企画/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA11月号☆好評発売中】


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN