オフィスでもOK♪ 【切れ長パープルアイライン】で女らしさも知的さもゲット

メイクアップ
いいね! 3件

 今回は、人気メイクアップアーティスト千吉良恵子さんにパープルアイライン×繊細黒マスカラのベストレシピを教えてもらいました!

Image title

 

今回は、人気メイクアップアーティスト千吉良恵子さんにパープルアイライン×繊細黒マスカラのベストレシピを教えてもらいました!


 

いつものオフィスメイクに飽きたら、パープルラインですっとした切れ長メイクに挑戦してみて。さらに、マスカラも繊細なブラックを横に流し塗り、切れ長感を強調。女らしさと知的さが両立した眼差しが叶うはず。

 

【How to】

1カラーの前に黒で目を締める

まつ毛の間を黒のリキッドライナーで埋める。リキッドは下からあてて、キワのみに細く!

2パープルラインをキワ全体に

カラーライナーを手元ですっとならした後、目尻から目頭まで目のフレームにそって引く。

 

3真横に水平なラインを引く

目尻からそのまま水平に、パープルのリキッドライナーで切れ長ラインを引いていく。

4目尻に流すようマスカラを!

ビューラーはしない。セパレートタイプの繊細マスカラで、横に流すように塗っていく。

 

【Use it】

(右)ルナソル ノーブルシェイドライナー EX04

女らしさを忘れない凛とした眼差しを生む、ディープパープルライナー。¥2800/カネボウ化粧品(限定品)

(左)FTC ザ・トワコドレスマスカラ ピアノブラック

カーラーがなくても、優美なCカールを実現。ダマ知らずで、扇状に広がった美まつ毛に。¥3700/フェリーチェトワココスメ



MAQUIA4月号
撮影/天日恵美子(モデル) Kevin Chan(物) ヘア&メイク/千吉良恵子、藤本 希(目元カット)〈cheek one〉 スタイリスト/松村純子(モデル) モデル/比留川 游 林田岬優 本多麻衣(目元カット・マキアビューティズ) 構成・文/中島 彩(MAQUIA)

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN