【チーク&アイシャドウ】ひと手間で絶世美女をつくる黒田流ぼかしテク大解剖!

メイクアップ
いいね! 5件

絶世の美女を作るメイクに、この「ひと手間」あり。「MAQUIA」2月号では、”メイクをしている感”を与えない仕上がりになる”ぼかし”テクを伝授。

Image title

絶世の美女を作るメイクに、
この「ひと手間」あり。

これぞ、黒田啓蔵流
”ぼかし”にこそ美は宿る

どんな女性をも品格溢れる佇まいへと導く、ヘア&メイクアップアーティストの黒田さん。でも決して“メイクをしている感”を与えない仕上がりは、なじませるための“ぼかし”がカギに。

Image title

ヘア&メイクアップアーティスト
黒田啓蔵さん

今までヘアメイクをしてきた人数は数知れず、幅広い年齢層を美女へと変身させてきた美の魔法使い。独自のテクニックも常に話題。

Image title

黒田流
ぼかしテク大解剖

リアルに黒田さん愛用品で作るぼかしテク=なじませワザをマスターすれば、新しいキレイが花開く!


発想の逆転で、
塗るだけでなじむ

アイシャドウ
アイシャドウは明るい色から塗るのが定説。でも、範囲をずらしながら濃い色から塗るだけで、一気になじむ!

Image title

Image title

USE IT

1 赤みブラウンとフェミニンピンクのハイライトが、女性らしさを底上げする。コフレドール ビューティオーラアイズ 02 ¥3500(編集部調べ)/カネボウ化粧品 コシがあって色をのせやすい。ディテール シェイダー ブラシ ¥2800、3 エキスパートシャドウ&ライナー ブラシ ¥3900、4 ブレンダーブラシ ¥2800/ベアミネラル

Image title

キワに締め色をのせる

左下の締め色をブラシ2にとり、キワにラインを引く感覚で細めにのせる。

POINT

でサッとなじませる

1で引いた締め色の上を指でなぞる。これ以降、シャドウ後は毎度これが必須。

ピンクをアイホールに

キワに引いた締め色に少しかけつつ、アイホールに1中央のピンクを3でON。

下まぶたにもピンクを

1中央のピンクを、下まぶたにも3のブラシでふんわりと広げる。目元が甘く。

明るい色をまぶたに広げる

眉下からアイホールのピンクにかかるように、1左上のベージュを4で重ねて。

目の下を明るくする

涙袋の下に1左上のハイライトをサッとひとはけすると、目元の存在感が強く。

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN