光と影で顔をひと回りシェイプ! ほほ下のもたつきが軽減されるプロ技を公開

メイクアップ
いいね! 6件

「MAQUIA」2月号では、メイクによる骨格操作とヘアによるシルエットコントロール技を融合した新・小顔メソッドを紹介中。ここでは唇にボリュームがあったり、顔の下半分がもったりして見える“あご長”タイプのヘア&メイク術をピックアップ! Image title

光影メイクの伝道師

CHIHARU

タカラジェンヌを経てヘア&メイクの世界に。わかりやすく、人それぞれの顔型や骨格に合ったメイクで雑誌はもちろん、女優やタレントのメイクも数多く手がける。


美フォルムヘアのエキスパート

朝日光輝

モデルや有名人からも絶大な支持を受けるヘアサロンairのプロデューサー。髪のスペシャリストとして業界を牽引し、トレンドを生み出す腕にはファン多数。


【あご長タイプ】Image title

唇にボリュームがあったり、顔の下半分がもったりして見える人はこちら。「下半顔のボリューム感は全体のぼんやり感の原因に。顔周り全体をシェーディングして中央に光を集める王道テクを取り入れて、全体をひと回り補正することが肝心」(CHIHARUさん)


MAKE

周辺に影、中心に光を集めて求心的な土台づくりを

光と影で顔をひと回りシェイプするのが基本。目元や口元などのパーツメイクは外に広げるようにメイクしましょう。


HAIR

前髪と顔にかかる毛束でメイクの影をバックアップ

フェイスラインに毛流れを作り、顔を奥に引っ込ませ、ところどころに抜けを作って奥行き感を強調するのがコツ!


【次ページをチェック!】“あご長”顔のためのヘア&メイクを実践!>>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN