【小顔に見せるメイクの極意】”線”の仕込みで引き締まったフェミニン顔♡

メイクアップ
いいね! 5件

大顔メイクに陥りがちなパーツの引き締めメイクテクは必見! 「MAQUIA」7月号に掲載中の『シェーディングなしで小顔は作れる!』特集から、フェイスラインを引き締めるチークの使い方を紹介します。

Image title


教えてくれたのは

ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロさん

ラ・ドンナ所属。日々、新しい美容メソッドを探求し実践し続ける開拓者精神は、美容界から一目置かれる存在。トレンド感と実用を両立したメイクが人気。


スキンケアで凹凸肌を育み

メイクで小顔を完成させる

「小顔メイクというと、厚塗りを想像しがちですが、それはシェーディングに頼ろうとしてしまうから。スキンケアの段階から大顏に見えてしまう要因をしっかり排除すれば、シェーディングなしの薄づきメイクでも小顔は簡単に手に入ります」と、“小顔作り=影操作”という思い込みを払拭させてくれたのは、ヘア&メイクアップアーティストの小田切ヒロさん。

「スキンケアで肌本来のシルエットを浮き上がらせれば、あとは光を重ねるだけで、メリハリは生まれます。塗ることで顔の立体が強調されるので、塗らない部分は自然と影に。塗らない部分を作ることで、今っぽいエフォートレスな透明感と小顔の両立が可能になるんです。さらにパーツメイクでメリハリポイントを作れば、小顔メイクから一歩踏み込んだ印象操作だって叶えられます」

 ただの小顔メイクで終わらない、小田切流の新小顔テクニックでこの夏のメイクが変わるはず!


あなたを大顔に見せている

原因

ほんわりメイク

Image title

丸みのあるチークや唇は可愛いけれど小顔効果は皆無!「丸みのあるパーツを丸く見せると重心が下がって見え、大顔印象に」。ほんわりメイクからこの際アップデートを。


解決法

脱・ほんわりメイクでキリッと小顔

メイクで“線”を仕込んで

丸みパーツをシャープに見せる

パーツで小顔に魅せる極意は、“線”の操作。大顔メイクに陥りがちな4大パーツの引き締めメイクテクは必見です!


Before

Image title

After

Image title


チークは…

斜めチーク×横ハイライト

でフェイスラインが締まったフェミニン顔に

一見すると昔風に見えてしまいそうな斜めチークも「ハイライトと組み合わせれば視線を顔の中心に集め、リフトアップ効果が」と小田切さん。色っぽい大人顔メイクに。

Image title

A ニュアンスピンク色のペンタイプハイライト。ハイライトとしてはもちろん、アイベースとしても。スキン フラッシュ 005 ¥4500/パルファン・クリスチャン・ディオール 

B 右側のラズベリーカラーを使用。デュアルインテンシティーブラッシュ 5508 ¥4600/NARS JAPAN(限定品) 


Image title

リキッドハイライトで横幅のツヤ

頬骨内側と両目の間の鼻筋にAでみずみずしいツヤを仕込む。指でポンポンなじませてツヤを引き出して。


斜め上方向の線を頬骨上に仕込む

Bの右をブラシに取り、頬骨に沿って斜めになじませる。下から上に塗ることでリフトアップ効果が。



MAQUIA7月号

撮影/城 健太〈vale.〉(モデル) 高橋一輝(物) ヘア&メイク/小田切ヒロ〈LA DONNA〉 スタイリスト/西野メンコ モデル/泉 里香 構成・文/畑中美香 企画/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA7月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN