リフトアップ、目もとも明るく見せる! 筆ペンタイプの新作コンシーラーは応用力抜群

メイクアップ
いいね! 2件

「MAQUIA」10月号では、コンシーラーの知られざる実力をヘア&メイクのレイナさんに徹底解説してもらいました。いつものシミやクマ隠しだけじゃもったいない!

Image title

悩みとニーズで賢く使い分け
新作コンシーラーでできること

コンシーラー、使っていますか? シミやクマ隠しだけでなく、もっと活用しなきゃもったいない、コンシーラーの知られざる実力をヘア&メイクのレイナさんが徹底解説。これは使わなくっちゃ損!


Image title

ヘア&メイクアップアーティスト
レイナさん

色彩や質感、顔の造形を熟知する理論派。個性を生かしたメイクを教えるパーソナルレッスンが好評。


自然な美肌演出にはコンシーラーが不可欠です

「ファンデーションだけで肌のあらを隠そうとすると、どうしても厚塗りな印象に。色も、クマならオレンジ、赤みのニキビならイエローベージュのコンシーラーをピンポイントでのせることで、よりナチュラルにカバーできます。コンシーラーの質感や色を使い分けることが、透明感を損なわず美肌印象を高めるコツですよ」(レイナさん)


目、口もとなどの動く部分に

筆ペンTYPE

保湿力があって柔らかな質感で、乾燥しやすい目もと・口もと、ほうれい線のカバーに最適。明るい色を選べばハイライトにも使え、お疲れ顔払拭、リフトアップなど、応用力はピカイチ!


(右から)もはや携帯できるリキッドファンデーション!! パーフェクト モバイルタッチアップ 全8色 各¥3500/アディクション ビューティ(9月8日発売) 和漢植物エキス配合で乾燥から肌を守りつつ、色ムラを自然にカバー。SPF15・PA++。雪肌精 MYV コンシーラー 全2色 各¥3500(編集部調べ)/コーセー

1 ほうれい線に猫ひげライン&口角のくすみを飛ばして、顔下半分をリフトアップ

下向きの影を落とすほうれい線や口角。この部分をコンシーラーで明るく飛ばすだけで影が消え、キュッと上向きの印象に。ほうれい線は線を横切るように3本程度、口角は下唇のキワのみに入れるのがポイント。


猫ひげのようにほうれい線部分にオン。内から外に向け、上向きになじませて。口角も同様に下から上に向けて指のはらでなじませる。

目の下は補色のオレンジorピンクでクマ隠し

睡眠不足など血流がうっ血している青グマの場合は補色となるオレンジのコンシーラーを目の下の三角ゾーンに入れて。日焼けのくすみや茶グマの場合は、オレンジで隠したあと明るめのピンクを同様に。


動きの激しい目の下は柔らかな筆ペンタイプのテクスチャーが最適。指のはらで丁寧になじませて。


3 ピンクをゴルゴラインに入れていきいきした目もとに

色白の人ならピンク、ダークな肌の人は自分の肌より少し明るいベージュをハイライトとして入れることで、レフ板のような効果で目もとを明るく見せます。


ほんの少量をサッとひとはけ。ゴルゴラインを消すように広げすぎず、その場でなじませて。


MAQUIA10月号

撮影/押尾健太郎(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/レイナ モデル/Yuki(マキアビューティズ) 取材・文/平 輝乃 構成/山下弓子(MAQUIA) 


【MAQUIA10月号☆好評発売中】


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN