引き算で魅せるポイントカラー! 鈴木えみがまとう「赤」メイク&ファッション

メイクアップ
いいね! 0件

「MAQUIA」12月号の人気連載『えみと、メイクと、ファッションと。』から、「赤」をテーマにしたメイク×ファッションを鈴木えみが披露。ヘア&メイクアップアーティスト石川ひろ子さんとのセッションに注目!

Image title

― THIS MONTH THEME 
主役として着る 赤×
ヘア&メイクアップアーティスト
石川ひろ子さん

=ミニマルレッドアイ


髪色を変えたら
赤い服が着たくなってきた

えみ もともと髪とかリップとかアイシャドウで赤を使うのが定番だったから、洋服ではなかなか着ることがなくて。でも最近髪色をグレーにしたり、茶色のリップも多くなってきて洋服で取り入れるのも気になってきていて。 

石川 確かに、えみちゃんのメイクは赤っていうイメージがあるよね。

えみ そうそう。赤自体は好きで、本当は赤い靴とかも可愛いなぁって思ってる。最近は今回のスタイリングみたいに、ベージュやブラウンの洋服も好きだから、今ならいけるかも!? っていうのもあるのかも。

石川 赤って色の印象が強いから、メイクはいっそ潔く抜いて、でも同じ赤をポイントで効かせるイメージがピンときて。えみちゃんの媚びてない雰囲気にもぴったりだし、そういうメイクができる女の子って素敵だと思うのね。

えみ なんか、ありがとうございます(笑)。

石川 このメイクは勇気が必要っていう人もいるかもしれないけど、レスするからこそ赤いマスカラとラインが際立つし、こなれて見えるのでぜひみなさんにも挑戦してみて欲しいな。

Image title

「目元以外を抜くからこそ
キーカラーがさりげなく
且つ効果的に引き立ちます」

By HIROKO ISHIKAWA

ヘア&メイクアップアーティスト
石川ひろ子さん

mod's hair agencyに所属後、2016年に独立。雑誌の他広告やショーなど幅広いフィールドで活躍。パーソナルな部分を大切にしたメイクに定評あり。


USE ITEMS

Image title

A クリアな発色で、沈むことなくまつ毛に色と深みを添える。ラスティングカラーマスカラ RD80 ¥4000/エレガンス コスメティックス B 見たままの鮮やかさを発揮するマット質感。ザ アイシャドウ アリス ¥2000/アディクション ビューティ C アイホールには淡くくすみを払うピンクベージュをひと塗り。スモール アイシャドウ ジェスト ¥2500/M・A・C D 一度コンシーラーで唇の赤みを消してから、ベージュのリップを。ヌードトーンにすることで、より目元の赤の主張が映える。オーディシャスリップスティック 9463 ¥3700/NARS JAPAN


MAKE-UP POINT

目尻のキワにシャドウラインを引く
小さめのフラットなブラシでBの赤シャドウをとり、目尻のキワにアイライン状にのせる。

上まつ毛だけに赤マスカラを塗る
マスカラAを上まつ毛だけにON。まつ毛は上げすぎず、目元に赤いフレームを作るイメージで。


MAQUIA11月号

モデル/鈴木えみ(マキアミューズ) 撮影/長山一樹〈S-14〉 岩城裕哉(物) ヘア&メイク/石川ひろ子 スタイリスト/山口翔太郎〈eight peace〉 構成・文/森山和子 企画/吉田百合(MAQUIA)

【MAQUIA11月号☆好評発売中】


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN