いつも適当につけてない? 接近戦でも耐えられる上品リップメイクテク

メイクアップ

リップは品のありなしが滲み出る、油断できない最重要パーツ。「MAQUIA」12月号では、長井かおりさんがリップにまつわるお悩みにテクニックで回答!

Image title

教えてくれたのは…

Image title

ヘア&メイクアップアーティスト
長井かおりさん
雑誌、広告、テレビなどで活躍中。著書である『美しくなる判断がどんな時もできる』(ダイヤモンド社)も好評発売中。

リップメイク編
「今一番楽しいリップメイクですが、実は品のありなしが滲み出るパーツ。適当につけるとバレますよ」(長井さん)

Image title

「まず、リップブラシの毛が完全に覆われるくらいの量の口紅をすくい、唇全体にのせます。次に、ブラシを縦ジワに沿って動かして、口紅を刷り込むようになじませましょう。多めに塗る分輪郭に溜まらないよう指でなぞるのも忘れずに。これでぷっくり美リップに」。

1/6

2/6

3/6

4/6

5/6

6/6

リップブラシで口紅をすくうように、ググッと押し当てて。写真の量くらいたっぷりが◎。

ブラシは左右に動かすのではなく、シワに沿って内側→外側にのばすとシワが目立たなく。

仕上げにリップラインのすぐ外側あたりを指でなぞって溜まりをオフし、自然にぼかして。

Image title

POINT
見えない部分も手をかけること

「どこをどう塗ったのかがはっきりわかるマットタイプのリップ。特に、ツヤ系リップでは光感でごまかせた輪郭がくっきり出るので、雑塗り厳禁。見落としがちな口角まで丁寧に塗りはみ出した部分はしっかりオフ。仕上げにリップライナーを使って輪郭を整えて」。

唇全体に塗ったら、口を開けて口角までリップラインに沿ってきちんと塗る。

綿棒を使って唇の輪郭をなぞってぼかしつつ、はみ出た部分をキレイにオフ。

同系色のリップライナーで輪郭を微調整。色ムラの目くらましにもなる。

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN