付録ブラシ2本で叶う! 「千吉良眉」プロセスでベストバランスな美眉に!

メイクアップ
いいね! 3件

今どき美人の条件はふんわりレディなネオ太眉。「MAQUIA」1月号では、千吉良恵子さんが付録ブラシ2本で作れる最新「千吉良眉」を伝授!

Image title

付録ブラシ2本で作れます
「最新千吉良眉」
プロセス実況中継

Image title

point 1
眉山は「ゆるカーヴィ」に作って

「今年っぽさのポイントは、眉山から眉尻にかけてゆるやかなカーブを描いていること。表情に女らしさがプラスされるんです」

point 2
底辺は「まっすぐ」できちんと感

「底辺がまっすぐだと、きちんとした透明感の高い印象に。女らしい眉山のラウンド感が緩和され、きちんと感のあるレディ眉に」

point 3
なじみ眉の鍵は「毛並み感」

「メイク度が上がりすぎないよう、ふわっとした毛並みを生かして引き算を。毛のないところは、アイブロウリキッドを使うと自然」

Image title

千吉良眉ベストバランスMAP

Image title

Image title

Image title

1 色バリエ豊富で、混ぜれば似合う色を自在に作れる。ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト 01 ¥4200/カネボウ化粧品 2 自然な眉毛になりきる薄墨タイプ。フレーミング アイブロウ リキッド ペン 全4色 各¥3000/SUQQU 3 ふわっとした立体感も+。ウォータープルーフでもちも秀逸。エアリー アイブロウ マスカラ全4色 各¥3500/エレガンス コスメティックス


ふわレディ眉の完全プロセス詳細

1. まずスクリューで毛並みを整える
眉を描く前にスクリューブラシで毛並みを整えてから描くと、描きやすさが倍増。

2. 眉底辺はストレートに
髪色より少し濃いパウダーを取る。毛流れが変わる位置から目尻上までまっすぐ描く。

3. 広範囲にパウダーをふわっと
自分の髪色と同じぐらいのパウダーを取る。プロセス2の上の部分全体にふんわりのせる。

4. 少量のパウダーで眉頭を描く
鼻筋のラウンドにそって、眉頭部分にプロセス3のブラシに余ったパウダーをのせる。

見えないぐらい淡い色がベスト
5. 淡い色でノーズシャドウを
入れたことがバレないぐらいの淡い色で、鼻筋のラウンドにそってうっすらと入れる。

6. 細いブラシで眉尻を描く
パウダーを取り、ブラシの先端で目尻上~眉尻に向かって描く。眉尻ギリギリは逃がす。

7. リキッドで毛を足したい部分に
眉毛の少ない&毛のない部分はリキッドで。毛流れにそって短いストロークで少しずつ。

8. 眉山~眉尻はゆるカーブを
眉山は目尻上に、点を3点置く気持ちで平たく取る。そこからリキッドで眉尻までを描く。

液をティッシュでオフしてから!
9. 眉マスカラは毛密集地帯から

自分の髪色に近い眉マスカラを選び、毛のたまりがいちばん密集している部分からオン。

10.眉頭と眉尻のマスカラは少量
プロセス9のブラシに余った眉マスカラで、目頭と眉尻を塗っていく。

軽いタッチでとかしていって
11. スクリューでとかし、なじませる
眉マスカラ液が半乾き状態になったら、スクリューで毛の流れにそってとかしていく。

しっくりなじんで、今どき眉
 完成
きちんと感のあるレディなふわ太眉が完成!



MAQUIA 1月号

撮影/天日恵美子(モデル) Kevin Chan(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/後藤仁子(モデル) 山本瑶奈(物) モデル/加治ひとみ 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 企画・構成/木下理恵(MAQUIA)


【MAQUIA1月号は11月22日発売】

Image title


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN