人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

毎日のメイクでグイッと引き上げ! 長井かおり流・引き上げポイントメイクのすべて

メイクアップ

まぶたのたるみを引き上げるには? リフトアップして見えるチークの入れ方は? 「MAQUIA」2月号では、ポイントメイクでの引き上げ術を長井かおりさんが伝授!

Image title


パーツごとに引き上げ術あり!
ポイントメイクで引き上げ

いつもの何げなくやっているポイントメイクも、プロのテクニックを用いればグイッと引き上げに大貢献!


メイクに悩む
女性たちの救世主!

ヘア&メイクアップアーティスト
長井かおりさん

雑誌をはじめ広告やメイクショーで活躍。わかりやすい解説とテクニックで、メイクに悩む女性たちにエールを送る。


Q.顔がたれて見えるNGメイクってある?

A.重心下め、下げ線メイクはたれて見える

「引き上げを意識するなら、視線を上に上げる工夫を。例えば、チークポジションを小鼻の位置より下に入れない、眉尻は眉頭より下げないのは鉄板!」


Q.眉の色とリフトアップって関係ある?

A.明るすぎる色だと顔全体がぼやけがち

「違和感がない感じであれば、問題ありません。明るすぎると顔全体に締まりがなくなる傾向に。基本は髪色に合わせ、色ムラのないように仕上げるのが◎」

1/8

2/8

3/8

4/8

5/8

6/8

7/8

8/8

Q.まぶたのたるみを引き上げるには?

A.カギは“上げまつ毛”にあり!

「意外とノーマークだけどまつ毛がポイント。まつ毛がまぶたの支えになるので、カールをしっかりつけキープ力のある下地+マスカラでまぶたの堤防を作って」


ビューラーでまぶたをぐいっと押し込み、まつ毛の根元をしっかり露出させる。まつ毛の根元を狙って挟むコツ。

Image title

1 まつ毛の根元を挟むときは、脇を締めた状態の体勢でOK。2 次に根元を立ち上げてカールさせるときは、脇をあけ、腕を上げて手首を返す要領で行うのがポイント。

Image title

A ウォータープルーフ処方の透明マスカラ下地。カールラッシュ フィクサー¥3000/エレガンス コスメティックス B 水・汗・皮脂のにじみを一気にブロック。キャンメイク クイックラッシュカーラー 透明タイプ¥680/井田ラボラトリーズ C ひと塗りで迫力のセパレート感。ファシオ パワフルカール マスカラ EX BK001 ¥1200/コーセーコスメニエンス

Q.目元のくぼみには
何色のアイシャドウを使えばいい?

A.コーラル系やオレンジ系を

「コーラルやオレンジ系は、くぼんだ部分をふっくらと元気に見せてくれる効果あり。朝はブラウンでも、夕方影が気になり始めたらオレンジ色をプラスするのもアイデア」


ソフトになじむ、コーラルピンクの濡れ艶カラー。アイグロウ ジェム PK881 ¥2700/コスメデコルテ

Q.マスカラで引き上げるには?

A.繊細かつワイドにセパレートさせる

「セパレートさせるのはマスト。さらに目尻側のまつ毛を開いて上げ、目尻を上げて見せて。操作しやすい細ブラシのマスカラが◎」

軽く全体にマスカラをのせたら、縦に持って1本1本をとかすようにばらけさせる。

Image title

超極細ブラシでうぶ毛レベルのまつ毛まで拾って際立たせる。デジャヴュ ラッシュアップK ¥1200/イミュ

Q.目尻が下がったときアイラインはどうする?

A.まつ毛1本を足すように
目尻にハネラインを描く

「アイラインは目を閉じた状態で引くと下がりやすいので、目を開けて引くこと。ペンシルよりリキッドのほうが自然なハネ感を描きやすい」

ラインを引くほうの目尻を少し引き上げて、まつ毛を1本加えるようにスッとラインを引く。

Image title

描きやすさ抜群のカーブしたブラシ。SHISEIDO アーチライナーインク 01 ¥3500/資生堂インターナショナル

Q.下まぶたメイクって顔が下がって見えない?

A.キラキラや明るい色を入れて
涙袋をふっくらと

「アイシャドウの色と質感選びが大事。輝きやツヤのあるなじみ色のシャドウをチョイスすれば、逆に涙袋にハリ感が出てたるみ感をカムフラージュできます」

Q.リフトアップして見える眉の形を教えて

A.眉頭下に軽く影を足す

「眉頭より眉尻を下げないようにメイクしたあと、眉頭下にノーズシャドウを入れる要領で少しだけ影を足すとリフトアップ効果が。眉山を強調するより自然」


眉頭に入れたアイブロウをノーズにつなげるように指先で下に向けなじませる。

Image title

オレンジとレッドの赤み系カラーを含めた5色のパウダー。アイブロウ クリエイティブパレット ¥4200/イプサ

Q.眉尻を上げれば
顔は引き上がって見えるでしょ?

A.骨格を無視しないで

「骨格を考えずに上げると不自然な仕上がりに。眉尻の上げ位置は、眉の下の生え出しから横一直線の位置より5mm以内に収めると自然にリフト感が出ます」


OK

眉骨の丸みに自然に沿ったラウンド眉が正解。


NG

骨格を無視した横に長すぎな眉。間延びした印象。

Q.細眉と太眉、
どっちがリフトアップして見える?

A.どちらかというと太眉

「細いと肌の余白が目立ち、眉のインパクトがないと顔の印象が弱くなりがち。太めにイキイキと描くほうが、上向き感のある表情に映るので、太眉のほうがおすすめです」

関連リンク

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN