目尻パープルが今っぽさの鍵! 色気と知性が際立つ下まぶたメイク

メイクアップ

さりげなくデカ目が叶う“下まぶたメイク”に注目! 「MAQUIA」6月号では、ミステリアスなパープルを効かせたメイクを、岡野瑞恵さんがレクチャー。

Image title

教えてくれたのは…

ヘア&メイクアップアーティスト
岡野瑞恵さん

視線を引き寄せて離さない印象深さと、リアリティの半歩先ゆく絶妙なメイクで人気。女優やタレントからのラブコールが絶えない。


 目が大きく見えて、顔に立体感が宿る。
 下まぶたメイクはしないと損! 

下まぶたは顔の印象を大きく左右する箇所。ここをメイクすることで、目の大きさや顔の立体感を自在に操作できるんです。メイクセオリーはふたつ。ひとつは、赤みや輝きを含んだカラーで涙袋を際立たせること。もうひとつは、色で遊んでお洒落感を加えること。このセオリーを目の形別にちょっぴりアレンジ。ぱっちり目さんはケバくなりすぎないように「範囲」を意識し、逆にすっきり目さんはふわっと目の印象をやわらかく広げるべく「色」にポイントを。ほんの少し効かせるだけで、瞳が輝き出すのでぜひ試してみて。


 ぱっちり目さん の下まぶたには……

色も範囲も
 ミニマムに 

目のフォルムが大きい分、少し塗りすぎただけで厚化粧に見えてしまうぱっちり目。大切なのは、涙袋にはニュアンス程度の発色を選び、遊ぶ色はミニマムな範囲に効かすことです。「なんだか瞳が印象的」ぐらいがベスト。


 目尻パープルで 
 さりげなく視線を奪う 

ミステリアスなパープルは、上まぶただと使いこなしが難しいけれど、下まぶたなら簡単。重たくならないよう、目尻側1/2に入れるのがコツです。少ない分量ながらも色気と知性が際立ち、印象的な眼差しに。

Image title

使い勝手抜群の
ブラウンパレット

さりげない陰影を作る、捨て色なしパレット。ルナソル ドライサマーアイズ EX02 ¥5000/カネボウ化粧品(5/11限定発売) 

女性らしさと知性を
感じるつやパープル

甘いピンクみを含んだパープルで、強すぎない。ジェルクリームシャドウ。ピュア カラーエンヴィ シャドウペイント 05 ¥3500/エスティ ローダー(5/18限定発売)

パレットAの下2色を混ぜ、下まぶたの目頭から目尻の涙袋に幅広く入れる。

Bをブラシに少量とり、黒目下から目尻にかけてのせる。淡く漂わせるように。


MAQUIA6月号

撮影/彦坂栄治〈まきうらオフィス〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/岡野瑞恵〈storm〉  スタイリスト/後藤仁子(モデル) モデル/藤野有理 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 企画・構成/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA6月号☆好評発売中】


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN