仕事から解放されるAfter6はメイクで色気を上乗せして惑わす表情に

メイクアップ
いいね! 1件

「MAQUIA」8月号では、TPPO別に夏に映える色っぽい表情のメイク法をご紹介。After6ならうるんだ瞳のこのメイク!

Image title

Time【タイム】
目&唇

After6なら単色ブラウンシャドウと透けレッドリップ
で惑わす表情に

Image title

仕事から解放されるAfter6はオンタイムより色気を上乗せ。濡れ感のあるシャドウでうるんだ瞳を、カジュアルなポンポン塗りで隙のある口元を作り、日中のキリっとした表情から、普段は見せない内に秘めた女っぽさを醸し出して。


Image title

1 フィット感抜群のクリームタイプ。オンブル プルミエール クレーム 814 ¥3900/ シャネル(7月14日発売) 2 ひと塗りで上品なボリューム感。マスカラディオールショウ パンプ&ボリューム 全1色 ¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール 3 ジュワっとにじむマットな赤。マット シェイカー 189¥3000/ランコム


濃淡グラデで色っぽく

1のシャドウを指に取り、キワが濃く眉下が薄くなるようキワから眉下に向かってワイパー塗り。2のマスカラをまつ毛に塗布。

ポンポンとラフに色づけ

輪郭は気にせず3のリップを直塗り。全体が同じ濃さよりムラがあるほうが、抜け感が出ておしゃれ。唇が薄い人はオーバーリップでも。


MAQUIA8月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/犬木 愛〈agee〉 スタイリスト/松島 茜〈io〉 モデル/泉 里香 取材・文/佐藤 梓 構成/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA8月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN