崩れないメイクテクニックの極意、教えます【ベースメイク3ステップ編】

メイクアップ
いいね! 1件

テカテカ、ドロドロ……気温の上昇とともに襲ってくるメイク崩れ。でもご安心を! 「MAQUIA」6月号『崩れないメイクテクニック』特集から、山本浩末さんによる崩れないベースメイクのつくりかたを紹介します。

Image title


Image title

山本浩未さん

PROFILE

雑誌や広告はもちろん、トークショーなどで披露する明快なメイク理論にファン多数。

崩れないメイクのキーワードは「スキンケアでの下準備」「崩れないアイテムを使う」、そして「テクニック」の3つ。どれが欠けても成立しません。それはすべてすごくメイク崩れしやすい自分の肌で立証済み。夏でもアイテムやプロセスを抜かず、薄く重ねていくことが大事。


山本浩未式 崩れない極意  

Image title

スキンケアは…

足場となる素肌はさっぱり仕立てる

ベースは…

崩れないベースアイテムを厳選!

ファンデーションは…

薄膜を重ねて盛らずに美しくキープ



丁寧な仕込みが大事

山本浩未式

崩れないベースメイク3ステップ


 STEP1  スキンケア

拭き取りケアで崩れやすい部分を

ならしながらクールダウン!

「まずは、崩れる要素となる皮脂や汗を拭き取り化粧水でオフ。そこに皮脂分泌量を抑制するジェルクリームをのせて毛穴引き締め!」

Image title

コットンに化粧水をとり、崩れやすいところやザラつくところをやさしく拭き取り、肌の凸凹感をならす。

Image title

〈右から〉肌をしっとり保つ拭き取り系クレンジングウォーター。セビウム エイチツーオー D 250ml ¥2800、皮脂分泌量を抑制するジェルクリーム。同 スキンリファイナー 30g ¥2200/ビオデルマジャポン


 STEP2  下地

塗り端を作らない!が鉄則

「メイクアップベースは、崩れないアイテムを使う!それに尽きます。そして、塗り端を作らないこと。つまり、肌にのせたらブツッと終わらせずちゃんと薄くなじませて」

Image title

塗り忘れは崩れの原因に。小鼻まわりなどの細部まできちんとなじませを。

Image title

汗・皮脂に強い、独自の高持続処方を採用。ロングラスティングベース SPF20·PA++ 25ml ¥4200/エスト


 STEP3  ファンデーション

ファンデーションブラシを

使って均一な薄膜に

「ファンデーションは厚く重ねるほどに崩れます。そういう意味でも、薄膜で均一に手早くのばせるブラシ使いはおすすめです」

Image title

薄い層を作るように、ブラシの面を使って内から外に向かってファンデーションをのばす。

Image title

厚塗りにならず、一度に広範囲にFDを塗ることが可能。KOBAKO ファンデーションブラシD(ケース付き)¥3500/貝印


MAQUIA6月号

撮影/押尾健太郎(モデル) 小川 剛〈近藤スタジオ〉(物) ヘア&メイク/山本浩未〈steam〉(林田岬優さん) 千吉良恵子〈cheek one〉(吉倉あおいさん) 岡田いずみ〈KiKi inc.〉(仲間リサさん) スタイリスト/西野メンコ モデル/林田岬優 吉倉あおい 仲間リサ 取材・文/靏田由香 構成/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA6月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN