人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

柿色パレットで目元に色香を! 岡野瑞恵さん発・秋の最旬オフィスメイク

メイクアップ

「MAQUIA」11月号では、人気ヘア&メイクの岡野瑞恵さんが、旬な秋色パレットでつくるオフィスメイクを提案。オレンジよりも渋い“柿色”で、女性の色香を演出!

Image title


秋は奥行き美人パレットで、深いまなざし

日常のほとんどを占めるオフィスシーンでこそ、もっとメイクを楽しめたなら―。人気ヘア&メイク岡野さん直伝、きちんと感を死守しつつも、旬な3つの秋色パレットで目元美人になれるアイメイクを提案。


ヘア&メイクアップアーティスト
岡野瑞恵さん

秋色パレットを味方につけて
深みとセンスの良さを目元に

かつて私も化粧品会社に勤務していた時期があるのですが、オフィスメイクと言っても昔と今ではだいぶ変わってきましたよね。同じアイテムでお決まりのメイクに固執していては、“古い人”に見えてしまうことも。それって、すごく損だと思うんです。仕事をする以上はデキる女性に見えた方がいいのはもちろん、知的さと意志を感じさせつつ、輝くセンスを滲ませられたら素敵。この秋の深み色パレットを味方につけて、眼差しに奥行きと遊び心がチラ見えする、こなれた目元を手に入れてみてください。

Image title

柿色で
色香がふわり漂う
旬なムードを眼差しに

「オレンジよりも渋くコクのある“柿色”は、ブラウンやスキントーンの延長で使いやすいカラー。沈まず、カジュアルすぎず、攻めすぎることなくこなれ感を纏うことができるんです。しかも、意外なほどに女性の色香が出やすいんですよね。選ぶポイントは、鮮やかすぎずメタリックすぎない発色であること。そして主役にしたい柿色を、最初にまぶたにのせてしまうのもコツです。定番じゃない入れ方で、グンと垢抜けますよ」

1/4

2/4

3/4

4/4

use it!

「ブラウン感覚で使えて
旬なムードがたっぷり」

オイル配合の湿式パウダーで、クリーミィなテクスチャーを堪能。まぶたにしっとりと密着し、重ねても美しくヨレにくい。アイ クアトロ パレット 8 ¥7800/ジョルジオ アルマーニ ビューティ

how to Make-up

主役の柿色のaをアイホールに広げ、肌との境目にゴールドのbをブラシでふんわりと重ねる。下まぶたはゴールドbを広めにのせてから、キワに柿色のaを入れて。ゴールドを重ねることで柿色が悪目立ちせずオフィス仕様に。上目尻だけにアイラインを引く要領で濃いブラウンcを。[その他]こげ茶のペンシルライナーでまつ毛間を埋め、まつ毛上下に黒マスカラを軽く。Image title

\これもオススメ!/

1 重ねてもくすまない設計のため、より自然な奥行き。サナ エクセル リアルクローズシャドウ CS01 ¥1500/常盤薬品工業

\これもオススメ!/

2 赤みがかった柿色は、奇抜になりすぎず肌馴染み抜群。ザ ベーシック4アイズ 01 ¥5000/RMK Division(10月1日発売)


MAQIOA 11月号

撮影/神戸健太郎(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/岡野瑞恵〈storm〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/藤野有理 取材・文/森山和子 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA11月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN