エラ貼り、フェイスラインが気になる人は縦長ラインで、シャープな印象へ!

メイクアップ
いいね! 4件

メイクによる骨格操作とヘアによるシルエットコントロール技を融合した新・小顔メソッドを、「MAQUIA」2月号からご紹介! ダブルのアプローチで自分史上最小フェイスが手に入ります。 ここでは、“頬広”タイプのヘア&メイク術をお教えします♪Image title

光影メイクの伝道師

CHIHARU

タカラジェンヌを経てヘア&メイクの世界に。わかりやすく、人それぞれの顔型や骨格に合ったメイクで雑誌はもちろん、女優やタレントのメイクも数多く手がける。


美フォルムヘアのエキスパート

朝日光輝

モデルや有名人からも絶大な支持を受けるヘアサロンairのプロデューサー。髪のスペシャリストとして業界を牽引し、トレンドを生み出す腕にはファン多数。


【頬広タイプ】Image title

エラ張りなどフェイスラインが気になる人はこのタイプ。「正面から見ると顔の両側に余白があるので全体が間伸びして見えがち。サイドの余白はシェーディングで奥にしまい込んで」(CHIHARUさん)。「ヘアはトップの高さを意識し縦長フォルムに」(朝日さん)


MAKE

サイドの余白を縦の影で埋めるのがコツ

土台は、影×縦のメイクでシャープな印象に。目元や眉などのパーツメイクは内側に影を仕込んで。


HAIR

縦方向の毛流れを作り額はアップにするのが◎

横幅が広くぼやけた印象に見えがちなので、ヘアは縦軸を強調するのがコツ。かき上げた前髪なんかも効果的!


【次ページをチェック!】“頬広”顔のためのヘア&メイクを実践!>>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN