人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

旬顔になれる! 岡野瑞恵流・最新ワントーンメイクの極意を伝授

メイクアップ

辛口要素を足して旬顔に!「MAQUIA」10月号では、登場するたびに「好きなメイクランキング」で上位に選ばれる、岡野流ワントーンメイクの最新テクを伝授。

Image title

人気アーティスト岡野瑞恵の
美女メイクが変わった!
この秋、愛されワントーンは

一点辛口主義でいく

登場するたびに「好きなメイクランキング」で上位に選ばれる岡野流ワントーンメイク。この秋は今までと比べてどう変わる? 旬顔になれる最新ワントーンメイクの極意を伝授します。


ワントーンメイクは辛口要素を
プラスするのが今っぽい!

「トレンドメイクというよりも、定番化しつつあるワントーンメイク。今季は甘くならないようスパイスを加えたり、質感のコントラストで、鮮度を高めるのがコツ。秋らしいオレンジやボルドーといった暖色は、中途半端に取り入れると野暮ったくなってしまうので、ポイント使いをしたり、大胆に色を効かせたりと、主役の色を際立たせることが重要。逆に、なじみ系ベージュは、マットな質感でクールさをプラス。ただし、難易度が高い質感なので、アイベースにツヤを仕込んでセミマットに仕上げると、辛口だけどモードに転ばず、新鮮さと洗練度が高まります」

――by TAMAE OKANO


岡野流ワントーン
メイクが大人気!

Image title

春らしいシアーなオレンジのワントーンメイク。抜け感のある表情に。

Image title

6月号のカバーメイク。鮮やかだけどなじみ度の高い血色オレンジを中心に。

Image title

ノーブルな印象のベージュ系ワントーン。コントゥアメイクで立体顔に。

すべて撮影/菊地泰久〈vale.〉


オレンジ

渋めの柿色を大胆に使って
表情にスパイスを

この秋、真っ先に取り入れたいのがオレンジのワントーン。ポイントは、少しくすんだ柿色をセレクトすること。日本人の肌になじみが良く、顔色も明るく見せてくれるうえ、コンサバすぎず、ヘルシーすぎない洒落た印象に。目元にミニマムに入れると野暮ったくなるので、色を効かせて大胆にメイクを!


Image title

辛口POINT

上まぶたのアイホール全体と、下まぶたの黒目下に1AをON。1Bは二重幅にグラデにならないよう、大胆に入れるのが辛口ポイント。まつ毛はビューラーで上げず、サラッと上下に3を塗る程度。まぶたのオレンジを際立たせて。頬骨に沿って1Cを薄く広げる。2は直塗り後、指でぼかし、全体のトーンを合わせるようなじませて。

1/3

2/3

3/3

1 ワントーンメイクを叶えるシャドウとチークがIN。SUQQU 2018 15th アニバーサリーカラー コンパクト101 ¥7000/SUQQU(9月7日限定発売)

2 エネルギッシュなオレンジ。ルージュ ディオール 636 ¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定品)

3 まつ毛1本1本を繊細に長く見せる。デジャヴュ ラッシュアップ K 漆黒 ¥1200/イミュ


MAQUIA10月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 石澤義人(物) ヘア&メイク/岡野瑞恵〈storm〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/森 絵梨佳 取材・文/谷口絵美 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN