人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

【岡野流・最新ワントーンメイク】なじみ系ベージュはマットな質感で陰影を深めて

メイクアップ

大人気の岡野瑞恵流ワントーンメイクがこの秋変わった!「MAQUIA」10月号から、ベージュ系のワントーンメイクを今っぽく仕上げるテクニックをご紹介。

Image title

人気アーティスト岡野瑞恵の

美女メイクが変わった!
この秋、愛されワントーンは

一点辛口主義でいく

登場するたびに「好きなメイクランキング」で上位に選ばれる岡野流ワントーンメイク。この秋は今までと比べてどう変わる? 旬顔になれる最新ワントーンメイクの極意を伝授します。


ワントーンメイクは辛口要素を
プラスするのが今っぽい!

「トレンドメイクというよりも、定番化しつつあるワントーンメイク。今季は甘くならないようスパイスを加えたり、質感のコントラストで、鮮度を高めるのがコツ。秋らしいオレンジやボルドーといった暖色は、中途半端に取り入れると野暮ったくなってしまうので、ポイント使いをしたり、大胆に色を効かせたりと、主役の色を際立たせることが重要。逆に、なじみ系ベージュは、マットな質感でクールさをプラス。ただし、難易度が高い質感なので、アイベースにツヤを仕込んでセミマットに仕上げると、辛口だけどモードに転ばず、新鮮さと洗練度が高まります」

――by TAMAE OKANO


岡野流ワントーン
メイクが大人気!

Image title

春らしいシアーなオレンジのワントーンメイク。抜け感のある表情に。

Image title

6月号のカバーメイク。鮮やかだけどなじみ度の高い血色オレンジを中心に。

Image title

ノーブルな印象のベージュ系ワントーン。コントゥアメイクで立体顔に。

すべて撮影/菊地泰久〈vale.〉


ベージュ

セミマット質感で陰影を深めてシャープに

ベージュ系のワントーンメイクは、ひとつ間違えると疲れて見えたり、メイク感がなく見える場合も。ポイントは、曲線を残しながらまぶたや鼻筋、頬に陰影をつけること。また、辛口に仕上げるために選んだマットなアイシャドウには、ツヤシャドウを仕込むことで、目元に深みが増してより印象的に仕上がる。

Image title

辛口POINT

眉下全体に1を広げツヤっぽく。2ABを混ぜ、眉頭下から鼻筋横に影を入れ、アイホール全体にものせる。2CDを混ぜて目のキワにライン状に入れ、目尻はやや長めに仕上げる。下まぶたの目尻1/3に2Cを入れ、指でぼかしてなじませる。上下のまつ毛に4をサラリと。頬骨に沿って斜めに3の2色を混ぜて広げ、アウトラインはぼかす。唇は5のセミマットな口紅を直塗り。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

なじみやすいコッパーブロンズ。ヴィセ アヴァン シングルアイカラー クリーミィ 105 ¥800(編集部調べ)/コーセー  

モダンな辛口マット質感。レ キャトル オンブル 308 ¥6900/シャネル(8月24日発売) 

ブロンズカラーでクールな抜け感をプラス。ピュア カラー ブラッシュ 109 ¥5500/SUQQU(限定品)  

4 まつ毛を自然とカールアップ。ケイト ラッシュフォーマー(ロング) BK-1 ¥1400(編集部調べ)/カネボウ化粧品

5 落ち着いた印象のオレンジベージュ。ルナソル エアリーグロウリップス 06 ¥3000/カネボウ化粧品


MAQUIA10月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 石澤義人(物) ヘア&メイク/岡野瑞恵〈storm〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/森 絵梨佳 取材・文/谷口絵美 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN