【デキる女風に、童顔をエレガントに】 ワンアイテムでできるメイクテク

メイクアップ
いいね! 1件

鏡を見て「ここがもっとこうだったら……」。「MAQUIA」11月号から、そんな悩みに対応したメイクテクニックをご紹介します!

Image title

理系ヘア&メイクアップアーティスト

paku☆chan

理論に沿ったメイクテクで信頼が厚く、女性誌の他、女優やアーティスト、タレントのメイクを多く手がける。


Complex1

疲れてる?って言わせない!

頬骨&唇下に

ハイライトを

Image title

お疲れ顔は肌のツヤ感アップで一気に解消。頬骨の高い位置と唇のすぐ下にのせるとイキイキした表情へスイッチ。


Image title

ほどよいコントラストの濃淡パウダー。フェイスステュディオ Vフェイス デュオパウダー 01 ¥1600/メイベリンニューヨーク


Image title

薄い色を頬骨の高い位置から鼻横まで両サイドふんわりのせ、唇のすぐ下にものせる。


Complex2

童顔をエレガントに見せたい

リップ&チーク
の同系色で色拡散

Image title

童顔をエレガントに見せるには、雰囲気全体をチェンジ。目立つパーツのチーク&リップを同系色にして、大人の女性へ。


Image title

チークもリップも自然に染まったような血色感。ヴィセ リシェ リップ&チーク クリーム RD- 6¥1000(編集部調べ)/コーセー


Image title

チークは頬の高い位置から骨格に合わせて耳横へ。リップは指先でポンポンなじませて。


Complex3

デキる女風に見せたい

濃い色リップ
ラインで大人見せ

Image title

きりっと知的に見せたいなら“ライン”が重要。ダークカラーで輪郭を取ったメリハリのある唇は一気に女らしさもアップ。


Image title

発色、うるおい、色もちの良さで人気のバーム ステインにボルドーレッドが登場。バーム ステイン 55 ¥1200/レブロン


Image title

リップペンシルで唇の輪郭をはみ出さないようにていねいに描いてから、唇全体を均一に塗る。


MAQUIA11月号

撮影/岩谷優一〈Vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/paku☆chan〈Three PEACE〉 スタイリスト/大工純子  モデル/吉田沙世 泉 はる(ノンノ専属) 取材・文/平沢朋子 構成/鵜飼香子(MAQUIA)


【MAQUIA11月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN