はんなり色っぽく「秋はオレンジ×ブラウンでヘルシーな目元に」

メイクアップ
いいね! 3件

「MAQUIA」10月号では人気アーティスト千吉良恵子さんが、新色ブラウンパレットを主役に今シーズントライすべき秋メイクを提案。今回はポール&ジョー ボーテのブラウンパレットを使った色っぽメイクをお届けします。

Image title

ブラウンを脇役に

熟した果実の色気をまぶたに

ヘルシーでキュートな果実色オレンジを主役に、シンプルなアイメイクを提案してくれた千吉良さん。「オレンジを主役にしてブラウンで締めたシンプルなアイメイクですが、オレンジの効果ではんなり色っぽい目元に。ベースはツヤを意識、骨格を際立たせるようにチークを入れてヘルシー感を強調。その分、下まぶたをふっくら彩って色っぽさをカバー」


PAUL & JOE

ポール & ジョー ボーテ
アイカラー CS 102

色づき始めた樹木の色を思わせる3色。透明感のある発色で、鮮やかなグラデが持続する。¥2600(限定品)

Image title


POINT

オレンジ× ブラウンで
色っぽヘルシーな目元

Image title


OTHER USE ITEM

Image title

a  大胆にボリュームアップするフィルムタイプ。スペクタクル マスカラ BK10 ¥4000/エレガンス コスメティックス

b  しっとり艶やかな血色感を再生。コフレドール スマイルアップチークス 17 ¥2300(編集部調べ)/カネボウ化粧品(限定品) 

c  ぷるんとボリュームのあるツヤ唇に。ヴィセ リシェ グロッシー リップジェリーPK840 ¥1300(編集部調べ)/コーセー


HOW TO MAKE

Image title

アイホール全体に1のオレンジをぼかし入れたら、目尻のキワを2のブラウンで締め、目尻をすっと外に流す。はれぼったい印象になりがちなオレンジを回避するテクニック。下まぶたの涙袋には3のイエローをぼかし入れてふっくら明るい印象に。上まつ毛をaの黒マスカラでナチュラルに仕上げ、頬(b)と唇(c)にはヌーディなツヤをたっぷり盛って完成。


MAQUIA10月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉 魚地武大(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/後藤仁子 モデル/泉 里香 イラスト/ホンダシンイチ 取材・文/安倍佐和子 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN