キラ艶パウダー攻略法! 顔の5つのスポットを押さえ、立体艶顔をGET

メイクアップ
いいね! 2件

「MAQUIA」5月号の『キラめき艶パウダー』特集から、入山杏奈ちゃんのような立体艶顔になるためのパウダー活用術と、美容のプロおすすめのキラ艶パウダーアイテム6つを紹介します。

Image title


ヘア&メイクアップアーティスト

高橋里帆さんが指南!

大人の“可愛い”と“キレイ”を同時に引き出すナチュラルメイクが大好評。明るいキャラも人気の理由。


パール入りで仕込むのは、

艶と立体感なんです!

「今のメイクはキレイめがトレンドで、立体感のある艶で上品な印象に見えるベースメイクがマッチします。そこでぜひ取り入れたいのが“艶パウダー”。広く面でのせずに、ポイントで効かせることでよりメリハリがつき、仕上がりもナチュラルに。ポイントメイクにも艶を添えてリンクさせると、作り込み感がなくなって“もとから艶のある人”を装えますよ」(高橋さん)


この5ヶ所において

立体艶顔に!


Cゾーン

日本人の骨格はCゾーンが凹んでいることが多いそう。ここに光を集めれば、ミランダ・カーのようなキュッと丸みのある小顔に。

Image title



目の下 三角ゾーン

“肌がキレイな人”の決め手となるのがここ。艶パウダーをふわりとのせ、毛穴やキメを目立たなくしながらクリアな艶を巡らせて。

Image title



口周り

下唇のアウトラインと上唇の両サイドのラインを、ブラシでなぞるようにON。口角がキュッと上がったハッピーな印象のリップに!

Image title



鼻の先 

鼻筋にのせがちだけど、鼻が大きく見えてしまうので×! 先の部分だけにのせれば、ちゅんっと可愛く尖った外国人のような鼻に。

Image title



眉毛 

眉毛にも艶を添えると、ふんわり軽い印象になり、肌とのなじみもよく。少量をなでるようにのせれば粉っぽくならないので安心して。

Image title


【次のページをチェック】6つのおすすめキラめき艶パウダーはこちら>>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN