黒田啓蔵さんの小顔メソッド”骨格を再生するチークつなぎコントゥアー"メイク

メイクアップ
いいね! 4件

「MAQUIA」5月号では、女優やモデル、アーティストからラブコールを受ける黒田啓蔵さんが教える小顔仕込みメイクをご紹介。

Image title

黒田啓蔵の小顔メソッドは…

”骨格を再生するチークつなぎコントゥアー”

僕が女優さんにメイクをするとき、小顔というよりも“輪郭を出す、立たせる、締める”ことを大切にしています。それはシェーディングで影をつけるだけでなく、ハイライトとチークとつながる一体感によって、どの角度からでも美しく見えるように整えることが重要です。そして企業ヒミツは、アゴ裏側まで入れた影! 誰ものぞき込んだりはしませんからね(笑)。これをするのとしないのとでは、大きく違うんです。肌に溶け込んでスッと消えるようなコントゥアーを選び、チークはふんわりと透けて脇役になるものが最適。ぜひ素材選びにもこだわって、挑戦してくださいね。


Image title


小顔メイクSTART

1 フェイスラインからアゴ裏に影を

Aのシェードカラーでこめかみ、フェイスライン、あご裏まで線を引くようにのせてなじませる。

Image title

A 黒田流小顔テクのキーとなる2つが、1本で叶う。フェイスステュディオ Vフェイス デュオスティック 01 ¥1400/メイベリン ニューヨーク

2 ハイライトで骨格を強調する

反対側のハイライターで、涙袋を外した目の下、目尻にのせて広げないようにその場に定着させて。

Image title

B 黒田流小顔テクのキーとなる2つが、1本で叶う。フェイスステュディオ Vフェイス デュオスティック 01 ¥1400/メイベリン ニューヨーク

4 チークと顔周りの影をつなぐ

Cを2色混ぜたものを、頬骨に沿ってクルクルとブラシを動かしながらのせていく。1の影とつなげるようなイメージで。

Image title

C 柔らかな血色ヴェールがふわり。シフォンブラッシュ レフィル PK02 ¥2000、同ケース ¥1300/アユーラ ラボラトリーズ

5 返し塗りをして目幅を強調

D右をまぶたにのせた後、左の締め色でキワにアイラインを引き、目尻だけ少し太く塗り重ねる。

Image title

D 「色づきが絶妙」。クレ・ド・ポー ボーテ オンブルクルール デュオ 101( レフィル)¥4500、同 ケース ¥2500/資生堂インターナショナル

6 下シャドウで目の縦幅を広げる

D左のブラウンを、下まぶたのキワから涙袋までブラシでのせる。本来の目の影のようになり、自然と目の縦幅が生まれる。

Image title


7 マット質感で口元を締める

今年トレンドでもあるマットリップ。唇の色のようなピンクベージュを選ぶことで、キュッと口元をまとめて小顔効果を狙って。

Image title

E 「マットリップで、トレンド感も」。ジェン ヌード マット リキッド リップカラーインフェイマス ¥2800/ベアミネラル

MAQUIA5月号

撮影/寺田茉布〈LOVABLE〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/後藤仁子  モデル/泉 里香 構成・文/森山和子 企画/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA5月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN