人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

河北裕介さん&イガリシノブさんが本音でトーク!「なりたい自分」はメイクで手に入る

メイクアップ

「MAQUIA」11月号では、時代を牽引するアーティストとして人気を博す河北裕介さんとイガリシノブさんが再び競演!  2人の対談をお届けします。

Image title


河北裕介&イガリシノブが、
今こそ読者に伝えたいこと。

「なりたい自分」は、
メイクで手に入る
Image title


メイクだけで100%を
目指さない。余白を残して

「やりすぎない、いい感じのおしゃれ顔が憧れ」

「小顔に見せたい」


イガリシノブ

PROFILE
BEAUTRIUM所属。光と色を操り、色っぽメイクを流行させた仕掛け人。飛びぬけた感性によるオリジナリティ溢れるムードメイクを提案し、イガリ旋風を巻き起こし続ける。コスメの目利きとしても有名。

Image title


自分とかけ離れたものを目指すと
欲望が覗く。らしさを生かそう 

「色気があったらな…」

「なんだかんだデカ目になりたい」


河北裕介

PROFILE
卓越した技術とその人らしさを引き立てる洗練されたメイクで、時代を牽引するアーティスト。今を読み解くプロデューサー的能力を持ち合わせ、メイクを手掛けた女優やタレントは必ずスター階段を上ると評判。

Image title


誰にだってこんな風になりたいという理想はある……。さらっとおしゃれに、それでいて記憶に残る印象的な顔をつくりだすふたりに、まずは質問。なりたい自分は手に入る?

K(河北) 手に入ると思う。
I(イガリ) 私もメイクで叶えられると思う。コスメの力を借りて、メイクの仕方をちょこっと工夫すれば、顔も印象もがらっと変わるから。
K ただ正直、なりたい顔がタレントとか、まったく自分とかけ離れているところを目指すのは難しいと思うな。骨格やパーツの形を無視してメイクで盛りすぎると、欲望丸出しに見えてしまうから。
I 確かに、自分にないところに近づこうとすると、欲しいものを手に入れようと必死になってる印象。
K だから、僕は自分らしさを消すことなく、素敵な雰囲気をつくることこそ最高にセクシーだと。映画のヒロインのようにね。それと大人はおしゃれじゃないとキレイに見えないから、服とのリンクも絶対!
I 理想は、なりたい印象をイメージしながら、自分の延長線上にある最高級を作りだす。そんな感じ。
K 同感。そのために、まず自分をじっくり観察して、自分を知らないことには始まらない。
I 認めたもん勝ちですよね♪ 


――自分の良いも悪いも
認めた上で、生かすのがいい

K
 イガリちゃんは、すごく自分を知っているよね。
I 私の顔は鼻が上の方について中心につまっている窮屈な顔立ちだから、髪の色を明るくすることで全体に抜けを出しているんですよ。
K その雰囲気がすごい素敵じゃん。少女っぽい無邪気さと破天荒なキャラが、ファッションやメイクにもリンクしてるのが、らしい魅力を引き立てていて視線が奪われる。もしイガリちゃんがファンデーションをビシーッと塗って、コンサバにメイクしたらなんか違うじゃんって。
I アニキ、ありがとう♡
K 僕は顔がでかいわ、足短いわ、いろいろと大変。だからといって、背が高く見えるいかにもなシークレットブーツを履いてたらけっこう寒いと思うワケ。顔はヒゲで小顔に見せるようにしてるし、短足はサルエルをはいてあえて強調。それが持ち味になってるでしょ(笑)。


――余白を残し、トータルの
雰囲気でなりたいを実現して

I
 メイク好きな人はつい盛りすぎるから、顔だけで100%にしようとしちゃいがち。服や髪、気持ちとかを含めて考え、余白を残さないと。
K 本当に。だから、僕はメイクをするときには、目立つポイントはなるべく1点に絞るようにしている。
I 私はポイントは2つまでかな。抜け感が、自分らしさとおしゃれ感につながるのは絶対だよね。
K けっして難しいことをする必要はなくて、リップの色を1ポイント変えるだけでもなりたい印象に近づける。だから、とても簡単!
I 今はリップ1本でいろんなバリエのキレイが手に入る時代だからこそ、乗らないのはもったいない!
K あと、骨格やパーツを無視して、盛りすぎるのもやめたほうがいい。例えば、デカ目になりたいからってライナーでグルグルと囲んだり、バサバサまつ毛にするんじゃなくて。瞳が印象的に見える、雰囲気重視のメイクを心がけるのも僕のセオリー。
I 私も、トータルの雰囲気でなりたい理想に近づけてる。アプローチ法は違っても、目指すところはアニキと一緒。破綻なく、その人らしくあることがいちばんきれい。
K だから共感し合えるんだよね。



MAQUIA11月号

撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス 〉ヘア&メイク/河北裕介 イガリシノブ〈BEAUTRIUM〉 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 企画・構成/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA11月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN