いつもの自分メイクにひとさじのテクニックを! 最小限のベースメイクで、内側から発光する透明肌へ

メイクアップ
いいね! 2件

オーラの決め手は透明感。「MAQUIA」12月号から、千吉良流オーラチェンジベースメイクをご紹介。コツとテクニックでにじみ出るような透明感に出会えます。

Image title


教えてくれたのは

ヘア&メイクアップアーティスト
千吉良恵子さん
ハッピー感溢れる、大人可愛いメイクに、女優やモデルからも指名が絶えない大人気ヘア&メイク。


素材の良さを際立たせれば
内からにじみ出るオーラに

美しさにハッとさせられたり、どうしようもなく目が離せなくなったり……。そんな魅力的なオーラを持つ女性になるにはどうすればいい?

「オーラというものは、まとっているポジティブな雰囲気だったり、生活が充実してそうな内面的な輝きのこと。パーツは美しいけれど、その人自身になじんでいなかったり、テクニックだけが突出してしまっていると、表面的なものになってしまい、ただのメイクが上手い人で終わってしまう場合も。大切なのは、素材の良さを際立たせ、その人自身の魅力に変えること。それをメイクアップでできるのが、女子の特権! 特別大きな変化がなくても、ちょっとしたコツを実践すれば、いつもよりドラマティックで色っぽいオーラをまとった、新たな自分に出会えます」


Image title

ミニマムなのに女っぽい。
ツヤめくオーラを身にまとって


“千吉良流オーラ”の正体

肌は透明感が必須! くすみや淀みは飛ばして

人工的なツヤ感ではなく、あくまでもスキンケアでうるおったような天然のツヤ肌を目指して。下地で肌を底上げすることで、肌のにごりを飛ばし内側から輝く肌へ。


取ってつけるのではなく、素材の良さを生かす

例えば、「その口紅どこの?」と聞かれるのではなく、「ぽってりしていて色っぽい唇」と言われる仕上がりがベスト。主役はメイクではなく、あくまでも自分自身!


大幅チェンジではなく、いつもメイクに+α

頑張ってすべてを変えるのではなく、いつもの自分メイクにひとさじの+αを。そうすることで、さりげない色気や、ふとした瞬間のドキドキを誘うことができる。


塗り方MAP

Image title

Aの下地、Cのファンデーション、Dのパウダーは顔の中心のみ、側面はぼかして塗る。Bのパール入り下地は目まわりのみで、顔印象を明るく。チークは頬の高い部分を半円を描くようにON。


ベースメイクで
オーラチェンジ!

透明感を仕込んで
内側から発光する肌へ

そもそもオーラは、その人の肌が淀んでいたり、くすんでいると出ないもの。だからこそ絶対的に必要なのが透明感。ハイライトで、いかにもなツヤを重ねるのではなく、下地で潤いを仕込み、ファンデーションやパウダーを薄く重ねることで、にじみ出るような透明感を手に入れて。


STEP1 Base

2種の下地で肌を底上げ

Aの下地で色補正や立体感、Bの下地でハイライト効果を狙う2種使い。下地で肌を整えておくことで、人工感がなく、にじみ出るようなツヤ感をGET。


Image title

A  いきいきとした肌感を生む。カネボウグロウプライマー SPF10・PA+ 30ml ¥4000/カネボウインターナショナルDiv. 

B  肌に自然な輝きをプラスできる。フレッシュグロウ ルミナスフルイドベース 01 30ml ¥5400/バーバリー


Image title1 Aの下地をパール粒大取り、額・両頬・鼻・あご先に5 点起き。顔の中央のみ塗り広げ、色ムラを補正。


Image title

2 パールがかったBの下地をゴーグルゾーンに塗り、顔の印象を明るくして。量は半プッシュでOK。


【次のページをチェック!】STEP2~4はこちら! 》》

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN