美人度アップのポイントは左右対称!モテ顔になれるメイク術【リップ編】

メイクアップ
いいね! 2件

「MAQUIA」3月号では、メイクアップアーティストの小田切ヒロさんが”美しく見える左右対称のシンメトリーメイク”を分析し、テクニックを伝授します。

Image title

人間はそれを”美しい”と感じるようにできている

左右対称こそ
美人顔の基本です

骨格の歪み、表情グセ、視力の違いなど、顔が完璧な左右対称の人はほぼ皆無。けれどちょっと左右のズレを修正するだけで美人度アップ、『シンメトリーメイク』をご紹介します。

Image title

メイクアップアーティスト

小田切ヒロさん

LA DONNA所属。藤原美智子さんのアシスタントを経て独立。編集部からのさまざまな難題にもヒロ流で真摯に応える頼れる存在。


シンメトリーな個体ほどモテる、という学説も!?

人の顔は左右非対称ではあるものの、対称に近づけることで魅力的に見える効果が。動物行動学的にみると「左右対称のシンメトリーな個体ほどモテる」という学説も。そこで今回、小田切ヒロさんがシンメトリーメイクを分析し、テクニックを伝授。

 「左右の顔バランスを調整するときにまず、左右どちらに合わせるかを決定することが重要です。ポイントは“利き顔”。モデルさんでもタレントさんでもメイクをしていると“利き顔”があることに気づきます。利き手と同じ原理で、筋肉がよく動くせいか頬の筋肉が引き締まり“利き顔”のほうが幅や長さが若干狭いのが特徴です。逆にその反対の顔は間延びして見える。“利き顔”のほうが写真映えするので、撮影では“利き顔”を撮ることが多く、プロのメイクアップアーティストは、自然と“利き顔”に合わせて左右対称になるようメイクをしています。
 左右の“微差のズレ”をメイクで少し修正し、左右対称に近づけるだけで美人度が全然違いますよ」


左右対称にするには?

「利き顔」に合わせてメイク

目が大きく、眉、頬、口が上がっている側の顔が「利き顔」。目尻、眉尻の上がり方もチェックして。肉眼ではわかりにくいから自撮りで確認してみよう。


微差を少しずつ合わせる

向かって右が「利き顔」の場合、右からメイクします。仕上げたら左も同様にメイクして鏡で違いを確認。微差ですが、左を右に合わせていくのがポイント。

Image title


STEP1 下がり口角を輪郭を削って引き上げ

Image title


POINT

丁寧に輪郭を調節することがポイント。基本はなじみ色ではなく濃いめのシアーな色で立体感のある唇に。印象を強めれば微差は気になりません。最後に下がっている口角のラインを削るようにすれば、口角は上がって見えます。

Image title

使用アイテム

(右)ミネラルリップライナー 02 ¥2800/MiMC 

(中)AQ MW アール デ フルール RO612 ¥6000/コスメデコルテ 

(左)タッチアップ クレヨン 02 SPF10/PA++ ¥2800/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ

Image title

明るめのライナーで輪郭を囲み立体感を

リップライナーは唇と同じ色よりやや明るめをセレクトすると口紅を塗った時、立体感が出てくる。

Image title

シアーな濃リップで全体の印象を強調

口紅で直接中央に塗ったら、指先でとんとんと押さえて色をなじませて。ツヤが輝きふっくら見える。

Image title

下がっている口角の下唇を少しえぐる

下唇の輪郭をキュッと上げて見せるには、コンシーラーで口角から底辺を少しえぐってなじませる。

Image title

Image title


MAQUIA3月号

撮影/青柳理都子(モデル) 小川 剛〈近藤スタジオ〉(物) ヘア&メイク/小田切ヒロ〈LA DONNA〉 スタイリスト/立石和代 モデル/樋場早紀 構成・文/秋田ゆみ子 企画/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA3月号☆好評発売中】


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN